海外投資家がリバランスに止まる中、信託銀行と事業法人の買い越しが目立ったー2015年12月の投資家動向

この記事の読みどころ

12月は米国利上げ、日銀の緩和補充策などのイベントがありましたが、日本の株式市場はじり安でした。

海外投資家の買い越し額はごくわずかでした。個人の売りが出る一方、信託銀行、事業法人等、及び投資信託の買い越しが目を引きます。

1月に入り世界的にリスクオフ相場になっています。クリスマス休暇明けの海外投資家と信託銀行の動きに注目です。

海外投資家は、全体として金融イベントとクリスマス休暇のためポジションを傾けなかった

続きを読む

日本取引所グループの月次データによると、海外投資家の日本株現物の売買は、2015年6月以降4か月連続で売り越しでしたが、10月に約4,630億円の買い越しに転じ、11月も約6,777億円の買い越しでした。

しかし12月はわずか330億円の買い越しに止まりました。日米の金融政策をめぐるイベントがあったこと、年末に休暇シーズンだったことから、全体としては銘柄の入れ替えによるポートフォリオの調整にとどまり、売り買い一方にポジションを動かすことなく越年しました。

信託銀行は株価が下がり、買い出動

一方、個人は売り越しでした。

これに対して、信託銀行は引き続き逆張りスタンスです。8月から10月までの株価の下落局面で累計約1.3兆円買い越しましたが、株価が反騰していた11月に約4,500億円売り越しました。さらに12月株価がじり安に推移すると、約7,400億円の買い越しに転じました。

このほかに事業法人等と投資信託も買い越しが目立ちます。

焦点は1月の海外投資家と信託銀行の動向に

休暇明けの海外投資家は、1月に新しい年の投資戦略に沿ってポジションを大きく動かしていく傾向があります。米国で昨年12月に利上げが実施され、しかも中国を始めとして世界経済に下振れリスクが意識される相場展開になっていますが、こうした文脈で株式リスクを減らすのか増やすのか、減らすならばどこまでどう減らすのかが注目です。

一方、この数か月逆張りに動いてきた信託銀行が従来と同じ取引レンジで買いに出てくるのか、あわせて見ていきたいと思います。

【2016年1月8日 投信1編集部】

■参考記事■

>>日経225を手数料無料で最も安く手に入れる投信―たわらノーロード低コスト構造を徹底解説

>>外国株式の投資信託の選び方

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。