【東京株式市況】上がった株・下がった株-背景まとめ(2016年2月15日)

相場動向まとめ

2016年2月15日のTOPIXは前日比+8%上昇。東証一部全銘柄で、値上がりは1,874社、値下がりは55社、変わらずは8社でした。前週末の欧米株の上昇や、円高の一服からほぼ全面高になりました。値上り率上位には、前週末に決算を発表した生損保銘柄が目立ちました。

上がった株

ナブテスコ(6268)は前日比+19%上昇。制御装置大手。2016年2月12日に発表された2016年12月期(1-12月期)会社予想が、決算期変更を考慮後のプロフォーマベースで、増収増益であり、市場コンセンサスを上回ったことが好感されました。

続きを読む

住友ゴム工業(5110)は前日比+18%上昇。タイヤ大手。2016年2月12日に発表された2016年12月期会社予想純利益が市場コンセンサスを上回ったことが好感されました。

ユニチャーム(8113)は前日比+13%上昇。おむつ、生理用品大手。2016年2月12日に発表された2016年12月期会社予想が、円高の影響を吸収し増収増益見通しであること、増配見通しであることが好感されました。

T&Dホールディングス(8795)は前日比+13%上昇。生保持ち株会社。2016年2月12日に決算を発表し、2016年3月期通期の増配を発表したことが好感されました。

下がった株

山崎製パン(2212)は前日比▲10%下落。食品大手。2016年2月12日に発表された2016年12月期会社予想は増収、増益見通しであったが、同時に発表された「ヤマザキ・ナビスコ」のライセンス契約終了と一部製品の販売終了のニュースが嫌気されました。

北越紀州製紙(3865)は前日比▲4%下落。中堅製紙メーカー。2016年2月12日に発表された2016年3月期Q3累計(4-12月期)決算が経常減益であり、進捗率も弱かったことが嫌気されました。

イオン(8267)は前日比▲3%下落。大手小売り。2016年2月12日に発表された2016年2月期の業績下方修正が嫌気されました。

楽天(4755)は前日比▲1%下落。ネット通販大手。2016年2月12日に決算を発表し、2016年12月期予想は非開示としましたが、一部証券会社による目標株価の引き下げが嫌気されました。

【2016年2月16日 投信1編集部】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>ネット証券会社徹底比較:株も投資信託も気になるあなたへ

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。