投資もギャンブルも強くなれる? 「確率と期待値」の視点で考える習慣を身に付けよう

グリーンジャンボ宝くじの期待値は1枚あたり147円

「期待値」という言葉があります。サイコロを振るといった試行を行ったときに得られる数値(賞金など)の平均値のことです。

期待値=確率×数値 で求められます。

3月18日(金)まで、「グリーンジャンボ宝くじ(第691回 全国自治宝くじ)」が発売されています。

1等の当せん金は4億円で、当せんする確率は1000万分の1です。

1等の期待値=1/10,000,000 × 400,000,000=40

続きを読む

期待値は40円です! 300円投資してそれだけ? と感じますね。

実際には1等の前後賞や2等以下の等級もあります。これらを合わせ、期待値を計算すると、1枚あたりの期待値は約147円になります。300円投資して147円が回収できる(約49%の回収率)ということです。

「投資」として考えると、かなり低い期待値ですが、買わない宝くじは当たりませんので、買ってみるのもいいでしょう。ただし、買えば買うほど損失の期待値も増えます。計算上は「1枚買えば十分」ということになります。

ギャンブルが強い人は「期待値」で考える習慣が身に付いている

「ギャンブルが強い人」と言うと、ここぞというときに強いカードを引き当てたり、馬券を1点買いして的中させたりするような人をイメージするかもしれません。

もちろん、そういう「運」の要素もないわけではないのですが、実際にカジノやギャンブルで食べている人(ポーカーのプロなど)が書いた本を読むと、トッププレーヤーと呼ばれる多くの人が、「ワクワクするようなものではない。淡々とプレーするだけ」といったことを語っていることがわかります。

ポーカーであれば、相手の力量に応じて、どのような戦略を取ればどれだけリスクがあり、どれだけリターンが見込めるのかという期待値を考慮し、その時点で最適な選択をすることを繰り返すことで、長期的には利益が得られるわけです。

マージャンが強い人は、場に見えている牌(はい)を見たり、対戦相手の手牌を予想したりして、山に残っている牌の枚数を計算し、手役のつくりやすさ(確率)と得点を天秤にかけながら手作りをします。

期待値が低いときには「休む」のも選択肢の一つに

競馬などの公営ギャンブルでも、1着の馬を当てるのではなく、「この馬(確率)で、このオッズなら、期待値(回収率)が100%を超える」といった買い方をすれば、利益が得られることになります。

「その確率がわからないから苦労しているんだ」と言われそうですが、やみくもに当てにいくのではなく、確率や期待値の視点で馬券を「利益が出るように」選ぶというだけでも、だいぶ違うのではないでしょうか。

株式投資についても、特定の銘柄が「上がる確率」や「値上がり幅」などを予測するのは難しいのですが、「いつ、どんなときに値が動くのか」、「上がるとすればどこまで上がるのか」という視点を持つことで、トータルな収益性が上がると思います。

私の個人的な考えでもありますが、テクニカル分析も、「上がりそうな銘柄を当てる」のではなく、「ある地点(たとえば移動平均線など)を上回ったら、さらに上がる確率が高い」「上がるとすればこのあたりまで(直近の節目など)」と、「期待値」の視点で利用するほうが使い勝手はいいと思います。

逆に、重要な指標の発表があったり(確率がわからない、悪い)、ボラティリティが小さく、上がったとしても値幅が取れそうになかったりするときは「期待値が低いので休む」というのも一つの選択肢になるでしょう。

【2016年3月14日 下原 一晃】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>ネット証券会社徹底比較:株も投資信託も気になるあなたへ

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。