上がった株・下がった株の背景とまとめ(2016年3月8日)

相場動向まとめ

2016年3月8日のTOPIXは前日比▲1%の下落に。東証一部全銘柄で、値上がりは380社、値下がりは1,470社、変わらずは93社でした。全体として終日軟調な展開となるなかで、増配、自社株買いなどの株主還元策や証券会社による目標株価の変更に対して敏感に反応する動きが目立ちました。

上がった株

サンデンホールディングス(6444)は前日比+15%上昇。カーエアコン用コンプレッサー大手。2016年3月7日に未定であった年間配当金を前年比5円増配の15円とすると発表したことが好感されました。

続きを読む

デンカ(4061)は前日比+5%上昇。電子材料大手。2016年3月7日に950万株、38億円を上限とした自社株買いを発表したことが好感されました。

小松製作所(6301)は前日比+2%上昇。建設機械大手。中国での財政出動に対する期待から買われました。本日は日立建機(6305)も同様な理由で上昇しています。

下がった株

東芝(6502)は前日比▲7%下落。総合電機大手。国内証券会社による目標株価の引き下げが嫌気されました。

住友電気工業(5802)は前日比▲4%下落。自動車用ワイヤーハーネス大手。国内証券会社による目標株価の引き下げが嫌気されました。

TOTO(5332)は前日比▲4%下落。衛生陶器大手。国内証券会社による目標株価の引き下げが嫌気されました。

【2016年3月8日 投信1編集部】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>ネット証券会社徹底比較:株も投資信託も気になるあなたへ

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。