【株式テクニカル分析】日経平均は17,000円台回復し上昇トレンドへ(2016年3月4日)

4日続伸、1か月ぶりに17,000円台に回復

2016年3月4日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比54円62銭高の17,014円78銭となりました。今年初めての4日続伸です。終値が17,000円台を回復したのは、2月8日以来で、約1か月ぶりです。

先週末に中国の上海で開かれた20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、市場の安定化に向け「金融・財政すべての政策手段を用いる」と、各国が政策を総動員し、世界経済の成長を支える姿勢を打ち出しました。世界経済の先行きへの不安が和らいだと言えます。

続きを読む

米景気は、先週末に発表された昨年10~12月期の実質国内総生産(GDP)改定値が上方修正されました。また、2月のISM非製造業景況感指数は小幅低下ながらも市場予想を上回りました。原油の価格も横ばいといったところです。

日本時間の3月4日の晩には米雇用統計が発表され、来週には、ECBの理事会およびドラギ総裁会見が行われます。これらの影響も考慮すべきですし、先行きについては慎重な見方もあるようです。ただし、悲観的に売りに傾く材料もありません。足元では下値が堅く、戻りが期待できる状況です。

当面の下落の半値戻しである16,385円および25日移動平均線も突破

今週の動きをテクニカル面から見ると、3月2日には、前日の終値16,085円から窓を開け、始値が16,391円となりました。

それまで16,000円を挟んだもみ合いが続いていました。上値抵抗ラインは16,300円~16,400円あたりで、特に、2月1日の高値(17,905円)から2月12日の安値(14,865円)の間の下落の半値戻しである16,385円が意識されていましたが、それも突破し、2日以降は一度も下回ることがありませんでした。まさに、上値抵抗線がサポートライン(下値支持線)に切り替わったと言えます。

2日は25日移動平均線も突破しました。25日移動平均線はトレンドラインの上限付近とも重なります。このトレンドラインと25日移動平均線には、2015年12月1日以来、何度もトライしながらいずれも跳ね返されていましたが、ついに上抜けました。

参考:日経平均株価日足

2月1日の高値である17,905円が一つのポイント

今後の展開ですが、まず目標となるのは、2月1日の高値である17,905円です。ここから2月12日まで、大きな下降トレンドとなっていました。いわば、直近の下降トレンドのスタート地点です。このほか、目先の節目となる17,500円なども意識されるところです。

ただし、目線は上ながら、出来高などを見ると、急上昇するほどの強さはありません。いくつかの調整をへて上がっていくことが予測されます。

2月12日の安値(14,865円)と、3月1日の安値(15,857円)を結んだトレンドラインがサポートラインになりそうです。2日から4日にかけてローソク足の実体が徐々に小さくなっています。いったん、トレンドラインまでの戻りがあるかもしれません。押し目買いを狙っていきたいところです。

2月1日の高値(17,905円)を抜けると、さらに大きな目標も見えてきます。2015年12月1日の高値(20,012円)です。3月以上にわたる下降トレンドの「始まりの始まり」とも言えるポイントです。

12月1日の高値(20,012円)から1月21日の安値(16,017円)の間は、19,000円前後に若干のもみ合いがあったものの、するすると落ちてしまいました。逆に言えば、戻しの際の節が少なく視界が開けている状態で、短期間で戻ることもあり得ます。

【2016年3月4日 下原 一晃】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>ネット証券会社徹底比較:株も投資信託も気になるあなたへ

>>REIT(リート)ファンドは既存資産運用への隠し味

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。