上がった株・下がった株の背景とまとめ(2016年3月16日)

相場動向まとめ

2016年3月16日のTOPIXは前日比▲0.8%の続落に。東証一部全銘柄で、値上がりは486社、値下がりは1,340社、変わらずは118社でした。日本時間17日深夜に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文発表を前にして全体として売買を見送るムードが強く商いは低調でした。方向感を見出しにくい一日でしたが、銀行株の下落が目立ちました。

上がった株

ソニー(6758)は前日比+3%上昇。民生エレクトロニクス大手。PlayStation4専用バーチャルリアリティシステムを2016年10月から発売すると発表したことが好感されました。

続きを読む

日産化学工業(4021)は前日比+3%上昇。農業化学品大手。日系証券会社による投資判断の引き上げが好感されました。

福山通運(9075)は前日比+2%上昇。陸運大手。2016年3月15日に、発表が遅れていた2016年3月期Q3累計(2015年3-12月期)決算を発表し、通期予想が据え置かれたことが好感されました。

下がった株

シャープ(6753)は前日比▲12%下落。民生エレクトロニクス大手。鴻海(ホンハイ)精密工業が買収契約の締結を延期することを検討しているという一部報道が嫌気されました。

JFEホールディングス(5411)は前日比▲5%下落。鉄鋼大手。米系証券会社の投資判断引き下げが嫌気されました。

千代田化工建設(6366)は前日比▲4%下落。プラント建設大手。個別の悪材料は見当たりませんが、15日の原油先物市場の下落が嫌気されました。

【2016年3 月16日 投信1編集部】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>ネット証券会社徹底比較:株も投資信託も気になるあなたへ

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。