優良ファンドに見る投資信託3つのトレンド

日本では今や6,000本近い投資信託が運用されています。この中から優良ファンドを見つける方法の1つとして、投資信託の販売会社や評価機関が独自の基準に基づいて付与するファンドスコアやファンドアワードの活用があります。

今回は、「楽天証券ファンドアワード2015」の受賞ファンドを振り返りながら、優良な投資信託で見られる傾向について解説します。

1. 国内資産型はアクティブが、海外資産型はインデックスが優勢

続きを読む

「インデックスvs.アクティブ」というのはよくある議論ですが、たとえば海外株式部門や海外債券部門は、投資対象の地域が広く、銘柄も分散されているため、コストの関係でインデックスが強くなる傾向にあります。

他方、国内株式など単一のマーケット内で行う運用は、アクティブファンドが運用力を発揮しやすい傾向にあります。もちろん例外はありますが、こうしたおおまかな傾向を把握しておけば、ファンド選びで迷った時の判断がしやすくなります。

2. バランス型は「シンプル」かつ「安定運用」がポイント

バランス型は仕組みがシンプルで、なおかつ相対的に債券の組入比率が高く、安定運用を運用方針として掲げたファンドほど良好な成績を収めました。

株式の組み入れ比率が高いファンドは株式市場の上昇局面でパフォーマンスが突出しやすい一方、下落時に被るダメージも大きいため、3年間という中長期で見た場合、株の組み入れ比率をある程度抑えたファンドが上位に浮上しました。

3. 優良ファンドは投資タイミングを選ばない

今回のアワードで選定された8部門・全24本の優秀ファンドに共通しているのは、同じ分類の中でコンスタントに平均を上回る成績を残してきたということです。このような銘柄は、毎月更新されるファンドスコアも比較的安定していることから、投資タイミングを選びません。

国内株式と海外債券、海外株式と国内リートなど、アワード対象8部門の中から複数の資産タイプを組み合わせることで、中長期の資産形成に適したポートフォリオを作ることができます。

また、24本の優秀ファンドの顔ぶれを見ると、必ずしも純資産残高の規模が大きい銘柄や人気の銘柄が選出されているわけではないことが分かります。投信の売れ行きと運用成績は切り離して考えた方が良いでしょう。

◆        ◆        

【楽天証券ファンドアワード 優秀ファンド選出方法】

下記1)、 2) のスコアランク(順位)を合算し、部門ごとに合算スコアランク上位3ファンドを選出いたしました。

1)2015年12月末時点の3年スコアの順位

2)2014年1月末から2015年12月末までの1年スコア(24期間)の平均順位

●楽天証券が取り扱う投資信託2076ファンド(2015年12月末時点)を選出対象としています

●下記条件に該当する場合は次点のファンドを繰上げとしています

 - 純資産残高が30億円未満のファンド

 - 既に受賞が確定している銘柄と同一のマザーファンドで運用されているファンド

【楽天証券ファンドアワード 最優秀ファンド選出方法】

優秀ファンドとして選出された8部門計24ファンドを対象とし、楽天証券のお客様、FP(楽天証券の金融商品仲介業者に所属するFP)25名、楽天証券投信諮問委員の投票により、各部門1ファンドずつ、計8ファンドの最優秀ファンドを決定いたしました。各投票主体が占めるウェイトは、楽天証券のお客様30%、FP30%、楽天証券投信諮問委員40%です。

<第1回 楽天証券ファンドアワード優秀ファンド>

★=最優秀ファンド

ファンド名 運用会社
■国内株式部門
DIAM国内株オープン DIAMアセットマネジメント
スパークス・新・国際優良日本株ファンド ★ スパークス・アセット・マネジメント
利益還元成長株オープン 日興アセットマネジメント
■海外株式部門
外国株式インデックスe 三井住友トラスト・アセットマネジメント
野村インデックスファンド・外国株式 野村アセットマネジメント
SMT グローバル株式インデックス・オープン ★ 三井住友トラスト・アセットマネジメント
■国内債券部門
三井住友・日本債券インデックス・ファンド ★ 三井住友アセットマネジメント
DLIBJ公社債オープン(中期コース) DIAMアセットマネジメント
エス・ビー・日本債券ファンド 大和住銀投信投資顧問
■海外債券部門
三井住友・DC外国債券インデックスファンド ★ 三井住友アセットマネジメント
三菱UFJ 海外債券オープン 三菱UFJ 国際投信
ゴールドマン・サックス毎月分配債券ファンド ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
■国内不動産(リート)部門
三菱UFJ Jリートオープン(3ヵ月決算型) 三菱UFJ国際投信
フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド ★ フィデリティ投信
MHAM J-REITアクティブオープン毎月決算コース みずほ投信投資顧問
■海外不動産(リート)部門
野村インデックスファンド・外国REIT 野村アセットマネジメント
日興・AMPグローバルREITファンド毎月分配型 A(ヘッジなし) 日興アセットマネジメント
SMT グローバルREITインデックス・オープン ★ 三井住友トラスト・アセットマネジメント
■バランス(可変配分)部門
DIAMパッシブ資産分散ファンド ★ DIAMアセットマネジメント
ブラックロック・グローバル・フレキシブル・バランス・ファンド ブラックロック・ジャパン
パインブリッジ・イレブンプラス<毎月決算型> パインブリッジ・インベストメンツ
バランス(固定配分)部門
ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング 60 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
三井住友・DC年金バランス30(債券重点型) ★ 三井住友アセットマネジメント
三菱UFJ ライフセレクトファンド(安定型) 三菱UFJ国際投信

【2016年5月4日 篠田 尚子】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>ネット証券会社徹底比較:株も投資信託も気になるあなたへ

>>長期投資を始めたい人向きのお買い得インデックスファンドとは

篠田 尚子
  • 篠田 尚子
  • 楽天証券経済研究所
  • ファンドアナリスト

慶應義塾大学法学部卒業後、国内銀行にて個人向け資産運用相談業務を経験。
2006年よりロイター・ジャパン(現トムソン・ロイター・マーケッツ)傘下の投信評価機関リッパーにて投資信託のデータ分析、評価、市場調査を担当した後、2013年11月楽天証券経済研究所入所。
早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。