アキュセラショックを断ち切り東証マザーズ指数は節目の1,000ポイントを底に切り返す

【新興株matome】2016年6月15日

新興株市場の振り返りーマザーズ指数は立ち直り+3%の反発

2016年6月15日(水)の新興株市場は、JASDAQ指数が対前日比+0.7%上昇、これに対して東証マザーズ指数は同+3.3%の上昇になりました。TOPIXは同+0.4%上げましたので、新興市場はそれを上回りしっかり反発したと言えます。

マザーズ市場の出来高は8,275万株、売買代金は2,199億円で、ともに前日から減少しています。値上がり銘柄数は151、値下がり銘柄数は68、変わらずは5銘柄でした。

続きを読む

マザーズ市場はアキュセラショックを払拭

マザーズ時価総額トップ3はミクシィ(2121)が同+6%、そーせいグループ(4565)が同+6%、CYBERDYNE(7779)が同+4%といずれも大幅反発しました。

マザーズでの売買代金上位は、1位がそーせいグループ、2位が広告モデルの電子雑誌を手掛けるブランジスタ(6176)、3位がアキュセラ(4589)でした。

マザーズの上昇率トップは検索エンジンマーケティングのコンサルティング業を営むアウンコンサルティング(2459)で同+24%上昇、2位がWebサイト最適化サービスを提供するショーケース・ティービー(3909)で同+21%上昇、3位がエネルギー関連事業や仮想通貨の取引交換所運営を目指すリミックスポイント(3825)で同+18%上昇でした。

一方、下落率トップはモバイルマーケティング事業・O2O事業を手掛けるGMO TECH(6026)で同▲13%下落、2位は電子基板の外観検査装置などを製造するインスペック(6656)で同▲12%下落、3位は地場の住宅関連業者に対しソリューションを提供するハイアス・アンド・カンパニー(6192)で同▲12%下落でした。

アキュセラは同▲7%下落しました。朝方ストップ安を付けましたがそれを安値にじり高して引けています。

6月16日の着眼点

昨日1,000ポイントが攻防になると記しましたが、6月15日のマザーズ指数はこの1,000ポイントをしっかり上回ってじり高で引けました。さらにアキュセラの下げを消化し他のバイオ関連株が上昇したこともプラス材料となります。

バルニバービ(3418)、モブキャスト(3664)、アクロディア(3823)、ラクス(3923)、マイネット(3928)、オンコリスバイオファーマ(4588)、弁護士ドットコム(6027)などの材料が出ていますので、投資家の心理の改善が幅広い物色につながりマザーズ指数が足場を固めていくのか注目したいと思います。

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。