【英EU離脱】英国ショック後の米国株式市場の反応まとめ

【米国株式市場】2016年6月24日

米国株式・為替レート・原油先物市場の動きをおさらい

英国の国民投票によるEU離脱への動きから一夜明けました。6月24日の米国株式市場の動きをおさらいしておきたいと思います。

NYダウは対前日比▲3.4%下落の17,400.75で終えました。これは日経平均が24日に同▲7.9%下落、TOPIXが同▲7.3%下落で引けたのと比較するとやや冷静であったようにも見えます。為替レートは25日午前5時54分現在で、1ドル102円24銭、1ユーロ113円43銭で推移しています。また、WTI原油先物は47ドル57セントと同▲4.9%下落となっています。

続きを読む

セクターと個別株動向

セクターとしては幅広いセクターで売りが広がりましたが、特に金融セクターの売りが進みました。その中でもグローバルで金融事業を展開するJPモルガン(JPM)が対前日比▲7.0%下落、バンク・オブ・アメリカ(BAC)が同▲7.4%下落、シティグループ(C)が同▲9.4%下落などとなっています。

また、ハイテクセクターも幅広く売られています。先日リンクトイン(LNKD)の買収を発表したマイクロソフト(MSFT)は同▲4.0%下落、グーグル(GOOGL)は同▲4.2%下落、インテル(INTC)は同▲4.4%下落、IBM(IBM)は同▲5.6%下落などとなっています。

一方、ディフェンシブセクターであるたばこのアルトリア・グループ(MO)や薬品セクターのイーライ・リリー(LLY)は株価が上昇して引けています。

今後の読み筋

英国だけではなく、EUのその他国々でも離脱を問うというような話が出ています。やはり気を付けたいのは、こうした動きに対して市場参加者がリスクを読み切れないということで資本市場が一時的にでも機能不全に陥ることが最大のリスクです。金融機関だけではなく、借入比率の高い業種や企業は更に売り込まれるかもしれません。随時アップデートしていきます。

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。