ポケモノミクス相場は終了。現在「業績相場」が進行中

【東京株式市場】2016年7月27日

株式市場の振り返り-政策期待などから反発となるが、引けに掛けて上げ幅は縮小

2016年7月27日(水)の東京株式市場は反発となりました。日経平均株価は前日比+1.7%の上昇、TOPIXも+1.1%の上昇で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数も+0.5%の上昇となりましたが、新興市場は引き続き弱いようです。

日経平均株価は、前日比+143円高で寄り付いた後、前場は16,600円前後で推移しました。しかし、昼休みに景気対策の観測ニュースが報道されると、後場の寄り付きは一時+438円高まで上昇する場面がありました。その後は徐々に上げ幅を縮小し、大引けは+281円高の16,664円で終わっています。

続きを読む

東証1部で上昇したのは1,403銘柄、値下がり457銘柄、変わらず108銘柄でした。東証1部の出来高は22億3,908万株、売買代金は2兆5,343億円(概算)となっています。出来高はまずまず活況でした。

セクター動向と主要銘柄の動き-信越化学工業が大幅高、素材系セクターの好調が目立つ

東証1部で上昇したのは26業種、下落したのは7業種でした。上昇率の上位には、化学や非鉄・金属などの素材系セクターが名を連ねているのが大きな特徴です。また、輸送用機器や機械なども上昇が目立ちました。他方、下落した業種の中には、内需関連業種が多く見られています。

個別銘柄では、前日に決算発表を行った信越化学工業(4063)が大きく値を飛ばし、日本電産(6594)も連日で年初来高値を更新する上昇となりました。通期予想の下方修正を発表したシマノ(7309)は粗い動きの後で小幅高となっています。他には、ファーストリティリング(9983)、資生堂(4911)、村田製作所(6981)、ローム(6963)などが大幅上昇となりました。一方、任天堂(7974)は再び大幅下落となり、伊藤忠商事(8001)が急落となりました。また、しまむら(8227)や花王(4452)も小幅下落となっています。

本日(7月28日)の注目点-業績相場への動きが加速する可能性、好決算銘柄に注目

27日は政府の景気対策や、日銀の追加金融緩和に対する思惑等で株式相場が上昇しました。事前の期待値が上がることは好ましくありませんが、一方で、相場は着実に業績相場の様相を強めています。先週末に決算発表を行った日本電産が3日続伸となり年初来高値を更新したことに加え、前日に決算発表を行った信越化学工業は、ストップ高が視野に入る大幅高となりました。信越化学工業のような安定大型株が+15%近い上昇となるのは非常に珍しい事です。

28日(木)もこうした業績相場への動きが強まりそうです。相場の地合いは悪くないため、減益決算や、下方修正が行われても、それを“一旦、悪材料出尽くし”と前向きに評価する流れが出ています。引き続き電機セクターに加え、27日も上昇が目立った素材関連セクターにも注目したいと思います。

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。