日経平均続落。お盆明けの海外投資家の揺さ振りに惑わされるな

【東京株式市場】2016年8月16日

株式市場の振り返り-後場に入って様相が一変して3日続落、新興市場は5連騰

2016年8月16日(火)の東京株式市場は3日続落となりました。日経平均株価は前日比▲1.6%の下落、TOPIXも▲1.4%の下落で引けています。一方、新興株式市場の東証マザーズ総合指数は+0.1%上昇して5日続伸となりました。

日経平均株価は、前日比+9円高で寄り付いた後、前場は前日終値を小幅に下回る推移となりました。しかし、後場に入ってから様相は一転します。円高進行を受けて、いきなり前日比▲200円安となる場面が見られました。その後やや切り返しますが、大引けに掛けて下げ幅を拡大し、安値引けとなる▲273円安の16,596円で終わっています。

続きを読む

東証1部で上昇したのは217銘柄、値下がり1,672銘柄、変わらず83銘柄でした。東証1部の出来高は16億1,458万株、売買代金は1兆9,787億円(概算)となっています。前日より出来高が大きく増えています。

セクター動向と主要銘柄の動き-33業種中32業種が下落、電機の低位株に買いが集まる

東証1部で上昇したのは僅か1業種のみ、残り32業種全てが下落しました。下落率の大きい業種の中には、金融関連、内需関連、輸出関連が並びましたが、全体的に売られたと見ていいでしょう。なお、上昇した1業種は石油・石炭でした。

個別銘柄では、ファーストリティリング(9983)が▲3%安の大幅安となり、テルモ(4543)、電通(4324)、村田製作所(6981)なども▲3%超の大幅下落となりました。その他では、前日に急騰したソフトバンクグループ(9984)は僅かな下落に止まった一方で、住友不動産(8830)は急落し、任天堂(7974)も冴えませんでした。他方、富士通(6702)、シャープ(6753)、NEC(6701)など、電機セクターの低位株が上昇し、ニトリホールディングス(9843)も堅調に推移して終わっています。

本日(8月17日)の注目点-前日後場と同じ揺さ振りを仕掛けられる局面が続く可能性

昨日、ここで「海外投資家の短期筋が揺さ振りをかけてくる可能性があります。取引時間中の激しい値動きに惑わされないようにしましょう。」と警鐘を鳴らしましたが、16日の後場はその通りとなってしまいました。市場参加者がまだ完全に戻らない中、こうした揺さ振りによって、値動きが通常以上に大きくなる傾向があります。17日(水)も為替相場への仕掛けも含めて、イレギュラーな値動きに惑わされないことが求められます。

現在開催されているリオ五輪では、日本選手が大活躍しており、テレビ観戦に釘付けとなっている人も多いと思われます。実は、スポーツのみならず、世界的な政治イベントでもある五輪は、開催期間中は世界中の関心が向かっています。逆に言うと、五輪が終了すると、停滞していた物事が再び動き出すと言われています。株式市場も、リオ五輪の閉会式(日本時間22日の午前)終了後から、本格的に動き出すかもしれません。相場が動き出す前に、十分準備をしておきましょう。

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。