注目点は次回米金融政策。ジャクソンホール会議をご存知か

【東京株式市場】2016年8月17日

株式市場の振り返り-円高進行の一服感を好感して反発、新興市場は6日ぶりの反落

2016年8月17日(水)の東京株式市場は反発となりました。日経平均株価は前日比+0.9%の上昇、TOPIXも+1.0%の上昇で引けています。一方、新興株式市場の東証マザーズ総合指数は▲1.8%下落して6日ぶりの反落となりました。

日経平均株価は、ほぼ前日終値水準で寄り付いた後、徐々に上値を切り上げて16,700円前後で推移しました。さらに、円高進行の一服感が出た後場の半ば以降、もう一段の切り上げを見せて一時+175円高となる場面がありました。大引けに掛けてはやや売りに押された結果、+149円高の16,745円で終わっています。

続きを読む

東証1部で上昇したのは927銘柄、値下がり919銘柄、変わらず127銘柄でした。東証1部の出来高は17億5,128万株、売買代金は2兆728億円(概算)となっています。出来高、売買代金とも前日より小幅増加となりました。

セクター動向と主要銘柄の動き-33業種中24業種が上昇、金融関連と輸出関連に買戻し

東証1部で上昇したのは24業種、下落したのは9業種でした。上昇率の上位には、金融関連セクターが並んでいますが、原油価格の上昇を受けて鉱業なども上位に名を連ねました。また、円高進行の一服感などから輸送用機器などの輸出関連業種も上昇しています。他方、下落業種にはディフェンシブ業種が多く見られました。

個別銘柄では、コマツ(6301)が年初来高値を更新する大幅上昇となり、日立建機(6305)も大きく値を上げました。また、日東電工(6988)、TDK(6762)、村田製作所(6981)などの電子部品・材料株も軒並み上昇しています。その他では、任天度(7974)も久々の大幅上昇となり、富士重工(7270)やマツダ(7261)などの自動車株も堅調に値を上げて終わりました。一方、塩野義製薬(4507)が大幅下落となり、ソフトバンクグループ(9984)も年初来高値を更新後に値を下げました。電機株ではソニー(6758)の下げが目立っています。

本日(8月18日)の注目点-お盆休みが終わってジャクソンホール会議に焦点が移る

17日でお盆休みは終わりました。18日(木)から従来の相場環境へ戻ります。当面は、26日のジャクソンホール会議(FRB議長の講演)を睨みながら、為替相場を含めた揺さ振りが仕掛けられる可能性があり、場中の激しい値動きに注意が必要です。一方で、先に終わったQ1決算発表の内容が今一度吟味されて、出遅れ感のある好業績銘柄が注目される展開となるでしょう。“売られ過ぎ”の外需関連銘柄、及び、“買われ過ぎ”の内需関連銘柄のスイッチも一考の価値がありそうです。

前述したジャクソンホール会議は、8月25~27日に掛けて、米国のワイオミング州ジャクソンホールで毎年開催される経済政策シンポジウムの通称です。ここで毎回実施されるFRB議長の講演では、思わぬ発言が出ることで知られており、過去に何度も株式市場へ大きな影響を与えてきました。このジャクソンホール会議は8月後半の最大イベントになります。

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。