米金融政策動向を受け再び日本株への資金流入に繋がるか

【東京株式市場徹底解説】2016年8月26日

株式市場の振り返り-ジャクソンホール会議を控える中で売りが優勢となり続落

2016年8月26日(金)の東京株式市場は続落となりました。日経平均株価は前日比▲1.2%の下落、TOPIXも▲1.3%の下落で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数も▲1.7%下落する続落となりました。

日経平均株価は、前日比▲70円安で寄り付いた直後に▲65円安となりますが、その後は下げ幅を広げ、後場開始直後には一時▲235円安となる場面がありました。中盤にはやや盛り返しましたが、引けに掛けて売りに押された結果、大引けは▲195円安の16,360円で終わっています。

続きを読む

東証1部で上昇したのは350銘柄、値下がり1,519銘柄、変わらず104銘柄でした。東証1部の出来高は15億4,608万株、売買代金は2兆391億円(概算)となっています。薄商いでしたが、前日よりは増加しました。

セクター動向と主要銘柄の動き-上昇は僅かに2業種、輸送用機器が大きく売られる

東証1部では33業種中31業種が下落し、上昇したのは鉄鋼と化学の2業種のみでした。総じて売られた中、下落率の大きい業種には、金融関連、輸出関連、内需関連が並んでいます。特に、輸送用機器の不振が目立っており、週明けから円高に振れることを先読みした動きと推察されます。

個別銘柄では、テルモ(4543)が一時▲5%超安となる急落となり、塩野義(4507)も大幅下落となりました。また、トヨタ自動車(7203)、ホンダ(7267)、デンソー(6902)などの自動車関連銘柄も軒並み安となり、ファナック(6954)、村田製作所(6981)、任天堂(7974)も値を下げて終わっています。一方、花王(4452)が上昇し、信越化学工業(4063)も堅調でした。また、主力株が下落する中で、日本電産(6594)が値を上げていたのが目立ちました。

東証マザーズ市場の動き-総合指数は終値で8月8日以来となる900ポイント割れで続落

東証マザーズ総合指数は、寄り付き直後に一瞬だけプラスとなった以外は、マイナス圏に沈んだまま浮上することはありませんでした。結局、終値でも900ポイントを割り込む続落となりました。なお、終値で900ポイント割れは8月8日以来です。出来高は4,395万株、売買代金は532億円となり、いずれも前日より大きく減少しました。なお、騰落状況は、値上がり50銘柄、値下がりは161銘柄、変わらず10銘柄となっています。閑散相場を打破するような、物色テーマや材料が欲しいところです。

個別銘柄では、前日に続き、そーせいグループ(4565)が大幅下落となったのを始め、アキュセラ(4589)、アンジェス MG(4563)等の医療バイオ関連銘柄が総崩れ状態となりました。また、米国投資情報会社(空売りファンド)の売り推奨レポートが公表されてから続いていた株価下落に下げ止まり兆候が見られていたCYBERDYNE(7779)は再び値を下げ、ミクシィ(2121)も安く終わっています。一方、エナリス(6079)が値を飛ばしましたが、投機的な雰囲気があります。また、アクセルマーク(3624)も堅調に値を上げました。

本日(8月29日)の注目点-円高が一層加速する可能性は低くなり、日本株へは追い風

ジャクソンホール会議が終わりました。注目されていたイエレン議長の講演では、「米雇用が改善し、追加利上げの条件は整ってきた」という旨の明言があり、年内利上げの可能性が一気に高まりました。これを受けて、週末の為替相場では円安が進み、一時は102円/ドルを目前にする水準まで下落しています。ただ、NY株式市場は小幅安で終わっています。

週明けの29日(月)から、日本株式相場も動き出しそうです。結局、ジャクソンホール会議でビッグ・サプライズはなかったものの、FRB議長の“ポロリ発言”により、一層の円高が進行する可能性は極めて低くなったと言えます。これは、基本的には、日本株にポジティブに効くでしょう。先ずは、出遅れ感の強い外需関連銘柄に注目することを勧めます。先週末は一部の市場関係者が円高加速を主張していたため、安くなった輸出関連銘柄は意外に多くありそうです。

一方、新興株式市場への資金流入は、相当の先送りになったと言えそうです。この先、7月に起きたポケモノミクス相場のように大型主力株への資金シフトが進めば、新興市場はもう一段安も十分にあり得るでしょう。今年最大の試練の局面となりそうです。

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。