【JR九州IPO】株主優待利用の汽車旅ならこれだ!

「ななつ星」だけじゃない。リゾート列車王国で思い出づくりを

pattang / Shutterstock.com

JR九州、株式上場真近。ブックビルディングはまもなく締切

今年の新規公開株(IPO:Initial Public Offering)の目玉の1つである九州旅客鉄道(9142)[以下、JR九州]のブックビルディングが始まっています。

IPOは会社の実力よりもやや割安に株を手に入れることができると言われ、今年のIPO投資の成績もまずまず好調です。ご関心のある方はブックビルディングが14日午前(時刻は証券会社ごとに異なる)ですので、13日中にでも忘れずに応募をしてはいかがでしょうか。

続きを読む

株主になったら株主優待を使ってぜひJR九州の利用を

さて、IPOに運良く当選する方も上場後に市場で株主になる方も、せっかく投資するのでしたらその投資先の会社のサービスを利用し、親しみをもって応援することができたら素敵ですね。

JR九州の場合、3月31日の最終株主名簿に記載された100株以上所有の株主に対して、同じ年の6月から翌年5月31日まで利用可能な鉄道株主優待券とJR九州グループ株主優待券が発行されます。

九州の地元の株主の方ばかりではなく、せっかくですから九州以外の方もぜひこの優待を利用してみてはいかがでしょうか。何といっても九州はリゾート列車王国だからです。

多彩なリゾート列車に目移り

JR九州といえば、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」が有名です。博多駅から平日3泊4日、週末1泊2日で九州の主要な観光ポイントを贅沢に周遊する列車で、子育てを終えた世代には一度は乗ってみたいと考えていらっしゃる方も多いでしょう。

さらに、これに続くものとして、JR KYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」が長崎-佐世保間に運行されています。

しかしこればかりではありません。九州は高速道路網の発展が著しいため、鉄道は通勤・通学・商用というニーズだけではなく観光立社に早くから取り組んできました。そのため、さまざまなリゾート列車が九州全土を巡っていて、鉄道ファンだけではなく、旅行好きの方に大いに喜ばれてきました。

いくつか例を挙げておきましょう。

  • 特急 ゆふいんの森
  • 特急 A列車で行こう
  • SL人吉
  • 特急 あそぼーい!
  • 特急 九州横断特急
  • いさぶろう・しんぺい
  • 特急 はやとの風
  • 特急 指宿のたまて箱
  • 特急 海幸山幸

ネーミングだけでも、わくわくしてきませんか?

リゾート列車を利用したとっておきの超おすすめルートは?

ここに挙げたどのリゾート列車も大変魅力的ですが、筆者が特にお勧めしたいのは次のルートです。

午前中、熊本から「SL人吉」で熊本県南部の人吉に向かいます。球磨川に沿って客車を牽引するのは大正11年生まれの8620型蒸気機関車です。これは日本で初めて本格的に量産された旅客列車牽引用蒸気機関車です。丸みを帯びたフォルムが大変やさしい印象のSLの雄姿が楽しめます。

人吉で一服後、今度は「いさぶろう」で鹿児島県の吉松まで向かいます。「いさぶろう」とは人吉-吉松間が建設されたときの逓信大臣である山縣伊三郎に由来します(吉松発人吉行の列車を「しんぺい」と呼びますが、これは同区間開業当時の鉄道員総裁、後藤新平に由来します)。

この区間の車窓からの景色は、「日本3大車窓」の1つと言われ、えびの盆地越しに霧島連山の絶景が楽しめます。また、途中の大畑駅ではループ&スイッチバックが、真幸駅にはスイッチバックがあります。

そして今度は吉松から鹿児島中央まで「はやとの風」に乗ります。途中、レトロ駅舎として有名な嘉例川駅、大隅横川駅に停まり、錦江湾と桜島を見ることもできます。

9時台に熊本を出て、17時前に鹿児島に到着します。一度にSL、パノラマ、桜島を楽しむ欲張りなルートですが、ぜひご検討ください。

株主優待活用術

さて、JR九州の鉄道株主優待券ですが、利用に際してはちょっとしたコツがあります。

この優待券、片道乗車券と特急券・指定券などが1枚で半額になるのですが、JR九州の窓口で提示しなければなりません。指定券などは電話で仮予約ができますが、2日前までにJR九州の窓口まで出向かなければなりません。忙しい方でしたら、指定券は割引なしで事前に予約を済ませ、当日乗車券を購入する際に割引を受けるのが便利でしょう。また、「ななつ星 in 九州」「或る列車」は現在この優待券の対象ではないとされています。

いかがでしたか? 株主優待を活用しながら九州でリゾート列車の旅を計画してはいかがでしょうか。

 

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。