【いまさら聞けない】IoTとは何か、勝てる日本企業はどこか

センサーをバラまいてもIoTでは勝てない

IoT(モノのインターネット)という言葉が良く使われるようになりました。ネットワークにつながれていなかったハードウェアが接続されることで、今後さまざまな事業展開が可能になりそうです。その一方で、IoTは世界レベルでの標準化も進んでいます。今後の事業環境の変化や、どんな企業が勝ち進んでいくのかを考えてみましょう。

IoTとは何か

IoTは、日本では「モノのインターネット」と言われます。それが何なのか、ぼんやりとしかイメージできないかもしれません。全体像を表現しようとする場合は、Cyber Pysical System(サイバーフィジカルシステム、CPS)の方が理解しやすいかと思います。

続きを読む

CPSとは、ハードウェアがネットワークに接続され、そのデータを処理し、何かしらの判断を下して再びハードウェアにフィードバック(指示を含む)することができる仕組みをいいます。CPSはIoTの概念を含んでいるようにも聞こえます。

IoTやらCPSやらの専門用語で煙にまかれそうですが、要は末端から吸い上げた情報を集中的に処理し、再び末端に指示や情報を戻すことを繰り返し行うシステムと言えそうです。

センサーをバラまいてもIoTでは勝てない

IoT時代に突入するにあたり、日本の製造業が得意なセンサーを大量に製造し、それを販売すれば事業として成立するかのような、やや安易な議論が蔓延しています。果たしてそうなのでしょうか。確かに、ありとあらゆるモノにセンサーを搭載するようになれば、大きな事業に育成することができるのではないかという期待もあります。

ところが、半導体関連企業などからは「何銭、何十銭程度でしかセンサーが販売できないのであれば事業としては成立しない」という声も聞こえてきます。そんな中、IoT時代を意識して事業化を検討している電子部品メーカーなどがどう対応しているかというと、複数の機能を搭載するモジュールにして単価アップを図ろうとしています。

つまり、半導体技術だけではなく、それ以外の機能も組み合わせ、複数の機能を持たせたデバイスにすることができる企業に商機があると言えます。裏を返せば、そうしたことを実現できない企業にはIoT時代にビジネスチャンスがないのではないでしょうか。

世界の企業の動きは?

では、海外企業はどのようにIoT時代に打って出ようとしているのでしょうか。

実は、日本企業や政府がIoT推進コンソーシアムなどを設立し標準化を進めている間に、米国GE、インテル、サムスン電子などのメジャーリーガー的企業が、OIC(オープン・インターコネクト・コンソーシアム)やIIC(インダストリアル・インターネット・コンソーシアム)といった団体を通じて世界的なIoTの標準化を進めようと動き出していました。

加えて、モノづくりの標準化を進めてきたインダストリー4.0を掲げるドイツ勢がIICと関係を深めるなど、今後に影響を与えそうな大きな流れも起きています。

CEATECでは日本企業によるIoT/CPS時代の事業提案が

日本企業も指をくわえて見ているだけではありません。先日、千葉県の幕張メッセで開催された先端テクノロジーの展示会・CEATECでは、IoTやCPSをテーマに日本企業による様々な展示が行われていました。

これまでデジタル家電の見本市という位置付けだったCEATECが様相を一変した印象です。どのような日本企業が今後活躍しそうか、より深く理解したい方は以下のレポートをご参照ください。

>>日本の電機セクターはIoTでよみがえるのか-CEATECで注目銘柄をピック

【参考】CEATEC2016関連の記事:『一段と成長した”働く”ロボホン。シャープの原点回帰に期待』『IoTでゴルフのスコアアップ? 富士通、村田製作所のスイング解析技術の行方

まとめ

IoTというバズワードに惑わされることなく、ハードウェアとネットワーク、さらに踏み込んでプラットフォーム事業で、ぜひ日本企業もイニシアティブを取れるようになってほしいものです。

 

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。