FXの自動売買は儲かるのか? 「フルオート」も登場

知っておきたいシステムトレード利用の注意ポイント

ロボアドバイザーよりシステムトレード?

金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックの中でも「ロボアドバイザー(ロボアド)」が有望視されています。ロボアドでは、ユーザー(投資家)が、いくつかの設問に答えると、コンピュータが投資家のリスク許容度に応じて、国内外のインデックス投信や上場投資信託(ETF)を活用した最適な資産配分を提示してくれます。

ただし、ロボアドが提案するのはあくまでも、ポートフォリオの「配分」です。「これから値上がりしそうなファンド」を選んでくれるわけではありません。

続きを読む

「値上がりしそうな銘柄」を探してくれたり、さらにその銘柄の買い付けや売却(決済)までやってくれるものもあります。自動売買(システムトレード)です。プログラムトレードなどと呼ばれることもあります。

システムトレードの対象は、日経225・TOPIXなどの指数(や先物指数)、外国為替証拠金取引(FX)、日本株などです。中でもサービスが充実しているのがFXのシステムトレードです。以下、FXのシステムトレードについて検討してみましょう。

まず、FXのシステムトレードは儲かるのでしょうか。結論から言えば、儲かるプログラム(ストラテジー)もあれば、儲からないものもあります。

バックテスト(過去のデータを使ったシミュレーション)だけでなく、実際に半年間、1年間など、ストラテジーを走らせた結果、年率200%以上ものリターンを獲得しているものもあります。FX業者のサイトでは、好成績をあげたストラテジーのランキングが公開されています。

システムトレードを利用する際の注意ポイント

自動売買というと、「任せておけば放っておいても勝手に儲けてくれる」というイメージがありますが、実際にはいくつかの注意が必要です。

●狭いレンジ相場は、システムトレードは不得意
多くのストラテジーは、損切りラインを近くに、利食いラインを遠くに置いています。相場が動かないと、損切りばかりに引っかかって、いわゆる損切り貧乏になってしまいます。

●短期よりも中長期的な視点で
システムトレードは、勝ったり負けたりを繰り返しながら、トータルで利益を取りにいくのがセオリーです。短期間で成果が出るものではありません。最低でも3カ月、できれば半年~1年ぐらいは様子を見たいところです。

●リスク(ドローダウン)が大きい
前述したように、中長期で利益を取り行くスタイルのため、連敗が続くこともあります。ストラテジーの中には、ドローダウンが50%を超える(=投資金額の半分がなくなる恐れがある)ものもあります。証拠金は余裕を持って備えたいところです。

●ストラテジーの入れ替えが最大の課題
ストラテジーは万能ではありません。市場の変化に応じてリスクやリターンの異なるストラテジーに入れ替える必要があります。

ストラテジーの入れ替えも自動的に行う「フルオート」も登場

ストラテジーの入れ替えの判断は容易ではありません。大きく損をしたストラテジーを外しがちですが、それだといつでも「負けて退場」ということになります。損失が出る前に、あるいは損失が小さいうちに適切なストラテジーに入れ替えることが大切です。

「それができれば世話はないよ」と言われそうですが、最近になって、このストラテジーの入れ替えまで自動的に行うサービスも登場しています。

インヴァスト証券は今年9月、同社のシステムトレードサービス「シストレ24」に、あらかじめ設定したリスクやリターンなどの条件に基づき、複数のストラテジーの稼働や入れ替えを自動的に行える「フルオート」機能を搭載したと発表しました。一度稼働すると、ストラテジーの入れ替えが毎週土曜日に自動的に行われるそうです。

文字通りの「自動売買」が実現するとすれば、大きなトピックと言えるでしょう。現状は、リターンも堅実に出ているようです。今後の結果に注目したいところです。

 

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。