ゴルフ好きにはうれしい! 株主優待でお得にゴルフを楽しもう

トランプ氏へのドライバー贈呈はゴルフ界への朗報?

なぜトランプ次期大統領に贈ったゴルフクラブは本間製?

2016年11月17日夜(日本時間18日朝)に安倍晋三首相がトランプ次期大統領と初会談を行った際、安倍首相がトランプ氏に本間ゴルフ製の高級ドライバーをプレゼントしたことが話題になりました。

首脳同士が親交を深めるためにプレゼントを交換することは珍しいことではありません。また、両氏がともにゴルフ好きであるため、ゴルフクラブをプレゼントしたこと自体に驚きはありませんでした。ただし、「なぜ、本間製なのか」に関しては様々は憶測が飛び交いました。

続きを読む

本間製のドライバーはシニア層に人気が高いという説が最も有力ですが、中には、本間製のゴルフは山形県で製造されているので、メイドインジャパンの良さをアピールするためという説もありました。さらには、本間ゴルフは現在中国企業傘下となっていることから、日本企業のグローバル化をアピールするためという説なども見られました。

もちろん、どれが真実であるか確かめようがありませんが、もう一つ加えるとしたら、本間ゴルフが現在は非上場企業であるということも挙げられるのではないかと思います。

上場企業の製品、たとえばソニーの液晶テレビやブリジストンのゴルフクラブをプレゼントしたとしたら、そのニュースは何かと株式市場で波風を立てる可能性がありますが、非上場企業であれば、そうした心配は不要だからです。

ちなみに、本間ゴルフは1995年にジャスダック市場に上場していますが、経営破たんにより2005年に上場廃止となっています(2010年から中国企業傘下入り)。

さて、今回の会談がどのような成果をもたらすのかは、内容が全く明らかにされていないため判断しようがありません。とはいえ、プレイヤーの高齢化などの要因でゴルフ人口が減少傾向にある日本のゴルフ界にとっては、ゴルフが話題になったこと自体が悪い話ではなかったはずです。

いずれにせよ、このニュースをきっかけに、一度ゴルフから離れたシニアや新たに始める若者が増えることを期待したいと思います。

株主優待を活用してお得にゴルフを楽しみましょう

ちなみに、ゴルフは他のスポーツに比べるとお金がかかるスポーツであると言われています。そのため、できれば出費はできるだけ抑えたいと考えることは当然です。そのために、ゴルフ関連企業の株主優待券を活用することを検討されてはいかがでしょうか。

ゴルフ関連の上場企業はあまり多くはありませんが、以下の3社をご紹介します。

ゴルフダイジェスト・オンライン(3319)は、自社サイトで集客・ゴルフ場予約・ゴルフ用品販売などを行うネット企業です。同社の株主になると、株主優待として「GODゴルフショップ」や「GODゴルフ場予約」のクーポン券がもらえます(権利確定月は6月と12月の年2回)。

参考:株主優待

なお、同社について少し詳しく知りたい方は、個人投資家向け金融経済メディアLongine(ロンジン)のレポート『【トップマネジメントに訊く】』をご参照ください(無料記事)。

アコーディア・ゴルフ(2131)は、ゴルフ場運営事業等を手掛けています。株主になると同社が運営するゴルフ場、一部のホテル、直営ゴルフ練習場の各施設で利用できる「株主ご優待券」をもらうことができます(権利確定月は9月のみ)。

参考:株主優待情報

ゴルフ・ドゥ(3032)は、中古ゴルフクラブの販売店などを展開しています。株主になると同社の株主専用サイトにおいてゴルフクラブは1点に限り20%割引、用品は何点でも10%割引の金額にて1回の利用が可能な株主優待をもらうことができます(権利確定月は3月、9月の年2回)。

参考:株主優待制度のご案内

なお、上記の3社以外に、ゴルフプレーの予約サイトなどを運営するバリューゴルフ(3931)が2016年3月に上場していますが、2016年11月現時点では株主優待は実施していません

株主優待をもらうには?

ゴルフをお得に楽しむためにも活用できる株主優待ですが、もらうためには、証券会社に口座を開設する必要があります。口座開設の簡単さや投資する際の手数料の安さを追求するならば、ネット証券がおすすめです。

株主優待を始めるのに便利な証券会社を詳しく知りたいという方は、『株主優待生活におすすめの証券会社は?』をご参照ください。

いかがでしたか? ゴルフ好きの方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。