【グルメ優待総まとめ】2016年、一番美味しかったのは?(最強おかず編)

独断と偏見でボリュームとお得を兼ね備えた株主優待グルメをランキング!

2016年もあとわずか。投信1では10月から【グルメ優待】シリーズを開始し、株主優待を使ってお得に美味しく食べられるグルメをご紹介してきました。30食以上を実食し、これは美味しくて得だ!と感じた「最強おかず」のベスト3を発表します! 記事掲載時には紹介できなかった逸品も登場しますよ!

※ランキングは筆者の個人的意見です。

第3位:マツコ・デラックスもお気に入りだというあのピザ!

まず第3位は、本格ナポリピザのお店、サルバドーレ・クオモの「D.O.C」。10月の記事では「4種のチーズのピッツァ~イタリア産BIOのハチミツ付~」をご紹介したのですが、筆者としては今回こちらを一押しとさせていただきます。

続きを読む

完熟チェリートマトとチーズというシンプルな素材ながら、それぞれを引き立てていて美味! マツコ・デラックスさんも「マツコの知らない世界」のオンエアで、よく食べるとコメントしていました(プレミアムチーズをトッピングするのがおすすめだとか)。

サルバドーレ・クオモは、ワイズテーブルコーポレーション(2798)が運営しています。同社の株を100株保有すると、なんと年間1万円分もの株主優待券がもらえます(半期5,000円分)。優待利回りも3.8%(2016年12月22日終値ベース)と、お得さの面でも注目したい株主優待です。

出所:ワイズテーブルコーポレーションの株主優待情報

>>参考:マツコ・デラックスも絶賛!あのグルメを株主優待で食べてみよう!

第2位:サラリーマンの味方、あの定食屋のボリュームおかず!

続いて第2位は、やよい軒の「チキン南蛮定食」。筆者はハマってしまい、3、4回はリピートしました。少し濃い目の味つけですが、甘酢の酸っぱさと自分で混ぜてつくるタルタルソースがベストマッチ。ごはんがぐんぐん進みます。ただ、油断すると1,000キロカロリーを軽く超えてくるのもチキン南蛮。ダイエット中はご注意ください。

やよい軒はプレナス(9945)という会社が運営しています。同社の株を100株保有すると、年1回、やよい軒やお弁当の「ほっともっと」など、同社チェーンで利用できる優待券が2,500円相当分(500円券×5枚)もらえます。

優待利回りは1.1%程度ですが、同社の配当利回り(今期会社予想)は2.63%ですので、合わせるとかなり魅力的ですね(優待利回り、配当利回りとも、2016年12月22日終値ベース)。

出所:プレナスの株主優待情報

>>参考:【グルメ優待】ジューシーさがたまらない! チキン南蛮を株主優待でがっつり&お得に!

第1位:29日は増量!? 見た目も美味しさも大満足の絶品丼!

そして第1位! グルメ優待2016年最強おかずに輝いたのは、ローストビーフ星のローストビーフ丼です! 並盛(790円+税)からメガ盛(1,290円+税)まで4種類。ほかほかご飯をぴったりと包みこむようにローストビーフが積み上げられており、たっぷりかけられたタレと卵が絡みあって、思わずうなる美味しさでした。

ちなみに写真左が大盛で右が特盛。特盛を食べた日は29日(肉の日)だったため、さらにお肉が29%増量されていたようなのですが、ローストビーフの量の違い、伝わりますでしょうか?

ローストビーフ星は、クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)という会社が運営しています。同社の株を100株購入すると、年2回、3,000円分(年間6,000円分)の優待券がもらえます。現在、最低投資金額は約10万円ですので、優待利回りは驚きの5.5%!(2016年12月22日終値ベース)。お得さも美味しさも抜群です!

出所:クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待情報

>>参考:【グルメ優待】お肉たっぷり! 絶品ローストビーフ丼を株主優待でお得に食べる!

最強おかず編、いかがでしたか? 投信1では来年も楽しい株主優待生活に役立つ情報を発信してまいります。

それではみなさま、良いお年をお迎えください!

 

投信1編集部

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。