日経平均は小幅続落、金融株の冴えない値動きが懸念材料?

【東京株式市場】2016年12月22日

株式市場の振り返り-日経平均株価は小幅安の続落ながら、高値引けで踏ん張る

2016年12月22日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 19,427円(▲16円、▲0.1%)  続落
  • TOPIX 1,543.8(▲1.1、▲0.1%)  続落
  • 東証マザーズ総合指数 905.3(▲13.2、▲1.4%)  続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:852、値下がり銘柄数:990、変わらず:159
  • 値上がり業種数:16、値下がり業種数:17

東証1部の出来高は18億7,138万株、売買代金は2兆1,590億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。極端な低水準ではありませんが、外国人投資家を中心に市場参加者が少なくなったことで、年末特有の薄商いになったと見られます。

そのような中、日経平均株価は売りが優勢となり、一時は▲120円弱の下落となる場面がありましたが、引けに掛けて巻き返しました。

続きを読む

結局は小幅安の続落に終わりましたが、高値引けとなっており、投資家の押し目を拾うスタンスが伺えます。20,000円台へのチャレンジは続いていると見てよさそうです。なお、TOPIXも同様の値動きとなりました。

東証マザーズ総合指数は見せ場なく続落、900ポイント割れが目前に迫る

東証マザーズの出来高は5,036万株、売買代金962億円となり、前日に比べ小幅増加となりました。ただ、商いの水準は高くはなく、個人投資家のリスクオンモードはまだ遠いようです。

総合指数は▲1%超下落する続落となり、取引時間中には一時900ポイント割れが近い状況となりました。このままですと、年内の900ポイント維持は微妙な状況です。早期に新興市場を盛り上げる物色テーマの登場が待たれますが、年内は難しいかもしれません。

日立建機が連日で復活の高値更新、一方で金融株の冴えない動きが顕著に

個別銘柄では、オリンパス(7733)が連日の急落となり、任天堂(7974)も大きく値を下げました。また、ファーストリテイリング(9983)も下落しています。

さらに、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、りそなホールディングス(8308)など金融株が冴えない動きに終始しました。今回のトランプラリーの牽引役であった金融株の不振は非常に気掛かりです。

一方、日産自動車(7201)やホンダ(7267)など自動車株が上昇し、コナミホールディングス(9766)は急騰して年初来高値を更新しました。日立建機(6305)も連日で高値更新となり、復活を力強く印象付けています。

新興市場では、そーせいグループ(4565)、窪田製薬ホールディングス(4596)、サンバイオ(4592)など医療バイオ関連の主力銘柄が連日の大幅下落となりました。ナノキャリア(4571)も急落となっています。

また、ブランジスタ(6176)やアクセルマーク(3624)も大幅下落で引けました。

一方、アカツキ(3932)やドリコム(3793)などが値を上げました。全体的には、新興市場らしいダイナミックな値動きは少なかったようです。

 

投信1編集部

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。