世界で愛される日本のラーメン。「一風堂」が東証マザーズ上場へ

日本発「めん類」企業が海外展開を加速

上場による資金調達で、海外事業を加速する計画

博多ラーメン店「一風堂」を運営する力の源(ちからのもと)ホールディングス(福岡市)が、東京証券取引所に株式の上場申請を行ったことがわかりました。申請は2016年12月で、市場区分は新興企業向けのマザーズ市場です。審査が順調に進めば、3月にも上場承認される見通しです。

同社の事業は1985年、創業者の河原成美氏が福岡市に最初のラーメン店をオープンさせたことに始まります。

続きを読む

関東進出は1994年、新横浜のラーメン博物館店が最初でした。以後、東京、大阪をはじめ、全国に積極的に展開。現在、「一風堂」は国内に116店舗あります(以下、同社のデータはいずれも2016年3月期 [連結] )。

海外展開も早く、2008年に米国のニューヨーク進出を皮切りに、海外では12の国と地域に55店舗を展開しています。

同社はラーメン専門店「一風堂」で知られますが、ほかにも、「五行(ラーメンダイニング)」、「RAMEN EXPRESS(フードコート業態)」、「行集談四朗商店(居酒屋)」、ベーカリーショップ、うどん・そば専門店などの経営も行っています。

グループの連結売上高は約208億円です。今回の上場による資金調達で、海外事業をはじめとする事業を加速すると見られています。

多くの日本発「めん類」企業が海外へ進出

人口減・少子高齢化により、外食産業では市場縮小が進んでいます。このため、ラーメン店やうどん店など、国内のめん類チェーン店が、海外展開を加速させようとしています。

その先駆けとなったのが、「味千ラーメン」を運営する重光産業(熊本市)で、中国・香港などアジアを中心に670店以上を出店しています(フランチャイズを含む。以下同)。

「8番らーめん」などを運営するハチバン(9950)(金沢市) は、東証JASDAQスタンダードに上場しています。2016年12月現在、海外に122店舗を出店しています。

「らーめん山頭火」を国内外で運営するアブ・アウト(札幌市)は、北米、アジアに30店舗以上を出店。リンガーハット(8200)(長崎市) は、米国、インドネシア、タイ、香港に、長崎ちゃんぽん「リンガーハット」および、とんかつ「浜かつ」を7店舗出店しています。

ラーメンだけでなくうどんでも、日本企業の海外進出が進んでいます。うどん店「丸亀製麺」などを運営するトリドールホールディングス(3397)(神戸市) は海外で約240店舗を出店しています。

讃岐うどん店では、ほかにも「たも屋」のたも屋(香川県高松市)、「こだわり麺や」のウエストフードプランニング(同丸亀市)なども海外に進出しています。

さらに、中部を地盤に和麺店を展開するサガミチェーン(9900)は、「そばとなごやめし」を中心にした店舗を、アジアに7店舗出店しています。

日本食への関心は高まっているが、今後は競争の激化も

日本の食に海外の人気が集まっています。需要に応えるように、中国、香港、台湾などを中心に、日本企業の進出が相次いでいます。

ただし、最近では日本食レストランの増加で、たとえばタイのバンコクでは、すでに飽和状態とも言われます。実際に、タイでは日系企業が出店したものの、短期間で撤退した例もあります。

競争が激化しつつあることから、未開拓の市場を狙う動きも出ています。前述した「一風堂」は、2017年春にミャンマーに初出店する計画です。

めん類ではありませんが、「すき家」などを運営するゼンショーホールディングス(7550)は、中南米に積極的に出店しています。アフリカや中東への進出を計画している企業もあります。

いずれの企業も、進出のスピードを上げるために、現地企業によるフランチャイズや、現地企業との合弁なども多くなっています。M&A(合併・買収)も広く行われるでしょう。

今後は、日系企業の中でも明暗が分かれることになりそうです。どの企業が「勝ち組」になるのか、注目したいところです。

 

下原 一晃

ニュースレター

PR

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。