【芸能銘柄】アミューズ、まだまだ株価はサザンや福山雅治頼み?

成長する若手に期待したい

サザン、福山を擁するアミューズ、株価上昇のきっかけつかめず

アミューズ(4301)はサザンオールスターズや福山雅治を擁する大手芸能事務所です。

そのアミューズの株価が軟調に推移し、上昇のきっかけをつかみかねています。まず、2017年2月15日までの過去1年間の株価推移をご覧ください。

2017年3月期Q3決算発表もきっかけにはならず

2017年2月14日15:30に、同社は2017年3月期Q3累計(4-12月期)決算を発表しました。決算発表に対する株価の反応を確認しましょう。

発表前の同日15:00の東証の終値は1,912円でしたが、発表を受けた翌日の2月15日は安値1,795円をつけ、1,829円で終わりました。2月16日の前場終値(11:30)は1,904円となり反騰していますが、発表前の水準を取り戻してはいません。

大幅減益となった2017年3月期Q3決算

さて、気になる業績動向ですが、2017年3月期Q3累計の営業収入は対前年同期比▲12%減、営業利益が同▲50%減の31億円でした。減収減益決算で、しかも営業利益は半減という厳しい内容です。

業績面で厳しかった要因は大型コンサートツアーの減少です。前年同期にはサザンオールスターズ、ONE OK ROCK、ポルノグラフィティなどのツアーがありました。これに対して、今年のツアーはPerfume、SEKAI NO OWARI、flumpoolなどとなりました。

同社は通期の業績見通しは据え置きました。営業収入は対前年度比▲10%減、営業利益は同▲35%減の39億円とされています。同社はQ3累計の進捗はおおむね予定通りだと述べていますが、例年1-3月期は比較的閑散な時期であることから、通期の着地を見守る必要がありそうです。

こうした足もとの業績トレンドを見せられると、株価も動意が難しいと言えるのではないでしょうか。

次の成長に向けて種まきが進む

業績の変化率を見ると随分悪くなっているように見えますが、見方を変えれば2016年3月期が「良すぎた」だけなのかもしれません。

過去5年の業績を見ると、営業利益は35億円から40億円台で推移していますので、今年度の通期予想である39億円というのは決して悪い数字ではありません。

また、最近は星野源の認知が上昇したり、Perfume、ONE OK ROCK、BABY METALが世界的に活動を展開していることも注目できます。

サザン、福山ばかりではないという局面にどう向かうのか、注目しておきたいと思います。

 

椎名 則夫

PR

椎名 則夫

早稲田大学政治経済学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。証券運用と法人融資に携わる。
シカゴ大学MBA取得。フィデリティ投信に入社、中小型株全般、医薬品・ヘルスケア、保険、通信、インターネットの企業調査に従事。その後モルガンスタンレー証券にて株・クレジットのリスク管理業務を行う。
日本証券アナリスト協会検定会員、CFA。