初任給の使い道。その理想と現実

意外? 納得? 実際に一番お金をかけたものとは?

この春社会人生活をスタートしたみなさんにとっては、そろそろ初めてのお給料日ですね。すでに手にした方もいらっしゃるでしょうか。何に使おうかと頭を悩ませておられる方もいらっしゃるかもしれません。

今春の新入社員。両親にプレゼントはするけれど、一番お金をかけたいのは貯金!?

明治安田生命が2017年春入社の新入社員を対象に行った調査では、新入社員が予定している初任給の使い道第1位は「両親へのプレゼント」。この項目の調査開始以来、実に9年連続のトップだそうです。一方、将来への不安からなのか「預貯金」と回答した人の割合が過去最高になったといいます。

続きを読む

では、これらにどのくらいの金額を使いたいかとの問いに対して、トップは「預貯金」が67,592円。次に「株などへの投資」59,875円、「両親へのプレゼント」42,127円、「自分へのプレゼント」33,906円、「友人や恋人へのプレゼント」33,220円という結果になっています。きちんと両親にプレゼントはするけれど、しっかりとお金はためておきたいということなのでしょうか。

ただ、調査が開始された2009年以降、多少の変動はあれどその金額や順位に大きな変化はみられません。今年に限ったことではなく、入社前には皆が考える傾向といえそうです。

出所:明治安田生命 2017年3月31日付プレスリリース「明治安田生命 2017年春の「新入社員」を対象に就職活動、働き方・お金に関する意識についてのアンケート調査を実施!

(明治安田生命のプレスリリースをもとに投信1編集部作成)

実際のところ、初任給で一番何にお金をかけた?理由を知れば納得の結果!?

この調査は入社前に行ったものなので、あくまでも「予定」です。では、実際の初任給をどのように使ったのでしょうか。投信1編集部では、ツイッターで2017年4月18日~20日にアンケート調査を実施しました。集まった回答は235票。その結果は?

意外にも?トップは「自分へのプレゼント」。その割合も実に4割超。次いで「両親へのプレゼント」「預貯金、株式等への投資」「彼氏、彼女へのプレゼント」となりました。

ただし、この結果の裏にある実情はリアリティにあふれている様子なのです。

自分へのプレゼントにどういうものを買ったのかを個別に尋ねてみると「引っ越したので家電を買い足した」「リクルートスーツでない新しいスーツを買った」「生活費ですべて消えた」「飲み代に結構使ってしまった」などという声が聞かれました。学生時代と打って変わった新生活のための出費がかさんだことが浮かび上がってきます。

みなさんもご自身を振り返って、いかがでしたか? 投信1編集部では「投信を買った」というしっかり者もいましたが「新入社員の頃は本当にお金がなかったよね」「貯金なんて全然なかったし、むしろ切り崩していた」と、当時を思い出してしみじみしている人が大半でした。さて、今年の新入社員のみなさんは、初任給をどう使っていくのでしょうか?

投信1編集部

ニュースレター

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。