ソニー5連騰、富士フイルムHDが急落。日経平均は一時+217円高

【東京株式市場】2017年4月21日

株式市場の振り返り-日経平均株価は反発、終値で8日ぶり18,600円台回復

2017年4月21日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 18,620円(+190円、+1.0%) 反発
  • TOPIX 1,488.5(+15.7、+1.1%) 続伸
  • 東証マザーズ総合指数 1,008.6(▲7.5、▲0.7%) 5日ぶり反落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,645、値下がり銘柄数:288、変わらず:83
  • 値上がり業種数32、値下がり業種数:1
  • 年初来高値更新銘柄数:40、年初来安値更新銘柄数:10

東証1部の出来高は18億6,244万株、売買代金は2兆2,391億円(概算)となり、いずれも前日並みの水準でした。NY市場が大幅高になり円高進行が一服したものの、決算発表などを控えて、本格的な売買には至らなかったようです。

そのような中、日経平均株価は寄り付きから前日比+160円超高で始まり、途中で上値が重い局面はありましたが、ほぼ一貫して堅調な値動きとなりました。その後、大引け直前には一時+217円高となる場面も見られましたが、最後はやや失速した感じです。それでも、終値では8日ぶりに18,600円台を回復して引けました。

続きを読む

なお、TOPIXも同じような値動きとなっています。

東証マザーズ総合指数は5日ぶり反落、売買代金は高水準を維持

東証マザーズの出来高は1億4,202万株、売買代金1,457億円となり、いずれも前日より減少しました。ただ、売買代金は6日連続の1,000億円超になるなど、商いは高水準だったと見ていいでしょう。新規IPO人気は一巡しましたが、主力銘柄や直近IPO銘柄の下値を拾う動きは引き続き強かったと見られます。

一方で、利益確定売りも出たと見られ、総合指数は5日ぶりの反落となって引けました。

東京エレクトロンが急騰した一方、決算発表延期の富士フイルムHDが急落

個別銘柄では、東京エレクトロン(8035)が急騰し、同じ半導体製造装置株のアドバンテスト(6857)も大幅高となりました。また、ダイキン工業(6367)、アステラス製薬(4503)、オリンパス(7733)などが大幅上昇となり、急騰した関西電力(9503)は年初来高値を更新しています。

その他では、マツダ(7261)、SUBARU(7270)、デンソー(6902)など自動車関連株の上昇が目を引きました。なお、引け後に2017年3月期通期予想の上方修正を発表したソニー(6758)は5連騰となっています。

一方、東芝(6502)が▲5%超安となる急落となり、決算発表延期を発表した富士フイルムホールディングス(4901)も急落して年初来安値を更新しました。

また、小売株では、良品計画(7453)やニトリホールディングス(9843)などが利益確定売りに押されて大きく値を下げています。

新興市場では、ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングス(3561)が大幅安となり、前日に高騰したドリコム(3793)は大幅反落となりました。

一方、UMファーマ(4585)が値を飛ばして一時ストップ高になっています。また、レノバ(9519)も急騰して引けました。

投信1編集部

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。