国内アイスクリーム市場は縮小? それとも拡大?

「アイスクリームの日」にアイスクリームを食べながら考える

5月9日は「アイスクリームの日」

5月9日は「アイスクリームの日」です。ご存知でしたか?

日本アイスクリーム協会が発行している『アイスクリーム白書』によれば、「アイスクリームの一層の消費拡大を願って、東京オリンピック開催年(1964年)に、アイスクリームのシーズンインとなる連休明けの5月9日に記念事業を開催し、あわせて諸施設へアイスクリームのプレゼントをしました。以降、毎年5月9日を“アイスクリームの日”として、この日を中心に各地区で各種イベントと施設へのアイスクリームのプレゼントを実施しています」となっています。

続きを読む

どうやら、業界が旗振り役となって制定した数多くある記念日の1つのようです。しかし、ネットで検索した限りでは、各種イベントはなかなかの盛り上がりを見せているようです。確かに、“アイスクリームが大好きだ”という人は多いようですが、“アイスクリームが嫌いだ”という人はあまり聞かないような気がします。

国内のアイスクリーム市場は安定成長が続いている

ところで現在、日本のアイスクリーム市場はどのような状況にあるのでしょうか?

結論から言うと、アイスクリーム市場(注1)は緩やかな成長が続いています。2005年度に3,533億円だった市場は、10年後の2015年度には4,647億円に拡大しました。年平均成長率は+2.8%ですから、急成長とは言えませんが、食品市場としては安定的に伸びていると見ていいでしょう。

注1:アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓の合計販売金額ベース。

夏の気候に左右されるが、景気変動の波にも左右される

さて、アイスクリームというと、その売れ行きが夏の気候に左右されるイメージが強いと推察されます。確かに、年間を通してみれば7~8月が最需要期であり、実際、記録的な猛暑となった2010年は前年比+6.6%増と高い伸びを示しています。夏季気候に左右されるのは間違いないと言えましょう。

一方で、この10年間で前年割れとなったのが、リーマンショックの影響が直撃した2009年と、東日本大震災が起きた2011年の2回だけだったことから、景気変動の波を受けていることも分かります。やはり、個人消費動向に依存するところが大きいのでしょう。

アイスクリーム市場は“プチ高級化”なのか?

それにしても、アイスクリームを好むと考えられる子供の人口減や、いわゆる“ダイエットブーム”などを勘案すると、アイスクリーム市場が年平均+3%弱伸びているのは、不思議に思われます。

前掲の市場データをもう少し詳しく見てみましょう。日本アイスクリーム協会は、販売金額の他に、販売物量(キロリットル)も公表しています。その販売物量は、直近9年間(注:2005年度のデータ不明)で+0.9%増に止まっています。微増というよりは、年による増減の波を考えると、ほぼ横這いと見ていいでしょう。

ということは、単純に考えると、アイスクリームの販売単価上昇が見て取れます。“プチ高級化”と表現するのは言い過ぎでしょうか。

25年ぶりの値上げで話題となったアイスキャンデー「ガリガリ君」

単価上昇で思い出されるのが、ロングセラー商品である赤城乳業のアイスキャンデー「ガリガリ君」が、2016年4月に25年ぶりの値上げとなったニュースです。それまでの販売価格60円を70円に引き上げるものでしたが、10円の値上げとはいえ、値上げ率にすれば+17%と大きなものでした。

実は最近、「ガリガリ君」の他にも、輸入に頼らざるを得ない原材料価格の高騰、およびアベノミクス始動後の円安進行などにより、アイスクリームの値上げが数多く見られているのです。また、国内における一部の乳製品不足も一因と考えられます。

こうした値上げが、結果的に販売価格上昇につながっていることは否定できないのではないでしょうか。

意外? 好採算が続くアイスクリーム事業

最後に、アイスクリーム事業を展開する企業の採算性を見てみましょう。最大手のロッテを含めて非上場企業が多いこと、上場企業でも「アイスクリーム」の利益率を開示しているケースが少ないことなどから、採算性を一概に判断することは難しいです。

しかし、大手の一角である江崎グリコ(2206)の決算情報を見ると、アイスクリーム事業(注:事業名表記は「氷菓」)の営業利益率が開示されています。

それによると、当該事業の2016年3月期の利益率は6.8%となり、主力の菓子事業の7.6%に次ぐ高い収益性となっています。しかも、直近5年間では最も高く、なおかつ、他の事業に比べて変動が小さく安定した高採算事業であることがわかります。やはり、アイスクリームは儲かる商品なのでしょうか。

なお、株価チャートを見ると、毎年ゴールデンウィークあたりから株価が上昇基調に向かい始め、夏場に高値を付けるパターンが多いようです。偶然なのでしょうか? ふと気が付くと、今年も既に上昇トレンドに乗っているようにも見えなくもありません。

江崎グリコ(2206)の過去2年間の株価推移

普段、何気なく食べているアイスクリームですが、こうして見てみると、なかなか奥が深いのかもしれません。しかし、これから暑くなる時期に、美味しく食べられればそれで満足ですね。

投信1編集部

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。