楽天とLIFULLが民泊事業に参入。合法民泊広がるか?

楽天と不動産情報のHOME’S(ホームズ)を運営するLIFULL(ネクストから社名変更)は6月22日、民泊事業への参入を発表。共同出資(楽天51%、LIFULL49%)の新会社を通じ、宿泊施設を提供したい人と宿泊者をマッチングするプラットフォームを運営する。

民泊のプラットフォームとしては、米Airbnbが世界的に勢力を急拡大しており、不動産オーナー、宿泊者の双方から注目を集めてきた。実際、日本国内においても、保有不動産を賃貸に出すよりもAirbnbで運用した方が高い利益がでるケースも多いことから、法整備を待たずして、Airbnbへの物件登録が相次いできた。

続きを読む

楽天とLIFULLは、このほど成立した住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づき、住宅宿泊仲介業者として観光庁長官の登録を受けて事業展開する。空き家や空き部屋といった遊休資産の所有者に資産活用の新たな機会を、旅行者に宿泊施設の幅広い選択肢を提供するとしている。

約9000万人の会員を持つ楽天と、約800万件の物件情報を掲載するHOME'S、さらにはLIFULLの不動産加盟店ネットワークを活用するすることで、合法民泊が加速するか注目だ。

投信1編集部

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。