エーザイなど薬品株が安値更新! 日経平均は今年初の5日続落

【東京株式市場】 2017年8月22日

株式市場の振り返り-薄商いの中で日経平均株価は今年初の5日続落

2017年8月22日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 19,383円(▲9円、▲0.1%) 5日続落
  • TOPIX 1,596.1(+0.9、+0.1%) 5日ぶり小反発
  • 東証マザーズ総合指数 1,079.2(+4.1、+0.4%) 3日ぶり反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:966、値下がり銘柄数:919、変わらず:138
  • 値上がり業種数:19、値下がり業種数:14
  • 年初来高値更新銘柄数:77、年初来安値更新銘柄数:51

東証1部の出来高は13億1,491万株、売買代金は1兆7,142億円(概算)となりました。出来高は前日より減少しましたが、売買代金は概ね横ばいとなっています。21日から始まった米韓合同軍事演習による北朝鮮リスクの再燃懸念や、24日から始まるジャクソンホール会議を控えて前日以上に様子見スタンスが強まりました。

続きを読む

出来高は今年2番目に低い水準となり、売買代金は連日で2兆円を大きく下回っています。

そのような中、日経平均株価は前日終値を挟んだ攻防が続きました。前場には一時▲31円安となる場面や、一時+44円高となる場面が見られましたが、結局は狭いレンジでの推移になりました。

最後は小幅下落となり、これで今年初の5日続落となっています。

一方、TOPIXはわずかながら上昇し、5日ぶりの反発となりました。

東証マザーズ総合指数は3日ぶり反発、売買代金は4日連続の1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は6,152万株、売買代金は773億円となり、いずれも前日より小幅減少でした。目立ったテーマがない中で盛り上がりに欠けた商いに終始し、売買代金は4日連続の1,000億円割れとなっています。

ただ、総合指数は3日ぶりの小幅反発となり、底堅い動きも見られたと言えます。個人投資家の投資資金の回帰が待たれますが、少し時間を要しそうです。

りそなHDや大和証券G本社が安値更新、東証マザーズは串カツ田中が爆騰

個別銘柄では、ファーストリテイリング(9983)が3日連続の年初来安値更新となり、エーザイ(4523)、武田薬品工業(4502)、大塚ホールディングス(4578)など医療医薬品株が軒並み安値更新となりました。

また、金融株の下落に歯止めがかからず、りそなホールディングス(8308)と大和証券グループ本社(8601)が年初来安値を付けています。その他では三菱重工(7011)が安値更新となり、ダイキン工業(6367)も大幅安で引けました。

一方、設備投資関連銘柄の一角が買われ、安川電機(6506)、THK(6481)、キーエンス(6861)などが大幅高となり年初来高値を更新しました。また、コマツ(6301)や東京エレクトロン(8035)も堅調に値を上げて引けています。

新興市場では、そーせいグループ(4565)が下落して3日連続の年初来安値更新となり、CYBERDYNE(7779)も連日の安値更新となりました。

一方、Ubicomホールディングス(3937)が値を飛ばしてストップ高となりました。さらに、串カツ田中(3547)も+10%超高の爆騰となり、同じく急騰したユーザベース(3966)とともに年初来高値を更新しています。

投信1編集部

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。