年収1000万円の兄が年収600万円の弟に伝えたい、年収を上げる3つのコツ

8月20日の投信1記事「年収600万円男性は「結婚」が先か、それとも「結婚資金の貯金」が先か」では、兄のA氏と弟のB氏の結婚観やお金に関する考え方の違いをご紹介しました。兄のA氏によれば、記事を見た家族の間では、B氏の結婚よりもむしろお金の使い方や貯め方に話題が集中したそうです。

また、A氏はあるとき実家に帰省した際、B氏とした仕事や年収の話題を思い返したといいます。

「将来を描けない」、そう嘆く弟を見て兄は考えた

続きを読む

実は兄のA氏、大学卒業後、外資系金融機関などを経て年収1,000万円を20歳代後半で手にしました。40代となった現在は東京で起業をしています。一方の弟のB氏は30代後半で独身。国内企業の営業マンで年収は600万円。実家近くで一人暮らしをしており、時々実家で夕食をとるなどして食費を浮かせています。それでもお金はほとんどたまりません。

B氏はA氏に対し「仕事で成果を上げている割には給与が上がらない」と不満を漏らしました。加えて、自分の上司のキャリアやその役職で手にできる給与を知ってからというもの、将来を描けない会社に勤務する意欲が失せてしまったと話したのです。

このような話を聞いたこともあり、これまで金融マンの立場でさまざまな業種業界を見てきたA氏は「もう一度就職活動をするなら」という前提で、どのような転職が良いのかを考えてみたのだそうです。A氏の考えた転職先選びのポイントは3つありました。

年収アップ転職のコツ(1):規制業種を選べ

A氏が真っ先に考えたのは、若くして周りよりも高収入を得たければ「規制業種」を狙え、というものでした。

規制業種とは、事業を始めるのに免許が認可が必要であったり、監督官庁の指導などが厳しい業種のことを指します。

A氏が勤務してきた金融業界は典型的な規制業種です。その他、通信、医薬、放送、鉄道、自動車なども規制業種といえるでしょう。

規制業種では事業を始めるのに免許が必要であるため参入障壁が高くなり、新規のプレーヤーが相次ぐといった事態にはなりにくく、競争が緩くなりがちです。企業として見たときには、規制業種であることそのものが強みになるともいえます。「孫正義氏が率いるソフトバンクも、通信事業が現在のコア事業になっているのは偶然ではないでしょう」とA氏は指摘します。

また、こうした規制業種の平均給与はほかの産業に比べると高くなる傾向にあります。

もっとも規制業種は就職先としても人気が高く、転職時の倍率も高いので、なかなか入れないことも多いでしょう。ただ、A氏は転職先の候補のひとつとしてはまず検討をしてもよいというのです。

A氏自身、努力をして金融機関で職を手にしたことは認めています。ただ、実際に働いてみたことで「結局誰が担当しても結果はそれほど変わらないビジネスモデルだと実感した」ともいいます。「もちろんボーナスで差はつきますが、職さえ手にすれば一応は高収入を得ることができるのが金融なのです」と、A氏は語ります。

年収アップ転職のコツ(2):事業が拡大するイメージのある会社を選べ

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。