ソフトバンクGなど上昇! 日経平均株価は3日ぶり反発

【東京株式市場】 2017年8月30日

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり反発、8日ぶりに売買代金2兆円超

2017年8月30日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 19,506円(+143円、+0.7%) 3日ぶり反発
  • TOPIX 1,607.6(+9.8、+0.6%) 反発
  • 東証マザーズ総合指数 1,096.0(+2.7、+0.3%) 反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,357、値下がり銘柄数:540、変わらず:126
  • 値上がり業種数:30、値下がり業種数:3
  • 年初来高値更新銘柄数:162、年初来安値更新銘柄数:10

東証1部の出来高は17億530万株、売買代金は2兆2,247億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。一連の北朝鮮リスクがいったん後退し、下値を拾う動きが出た模様です。売買代金は8日ぶりに2兆円を超えましたが、まだ高水準と呼ぶには程遠い状況です。

続きを読む

そのような中、日経平均株価はNY市場の上昇等を受けて、終日プラス圏で推移しました。特に、後場には一時+175円高と一段高になる場面もあり、先高観が強くなったようです。終値でも8月17日以来となる19,500円台を回復して引けました。

なお、TOPIXもほぼ同じような値動きとなっています。

東証マザーズ総合指数は反発、売買代金は4日連続で1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は4,834万株、売買代金は735億円となりました。出来高は前日より減少しましたが、売買代金は増加しています。北朝鮮リスクがいったんは後退したのですが、個人投資家の様子見スタンスは依然として強いと見られます。

なお、総合指数は小幅反発となり、再び1,100ポイント回復に向けて動き出した可能性があります。今後は引き続き個人投資家の資金回帰が待たれますが、時間を要するかもしれません。

ソフトバンクグループが堅調に推移、MUFGなど金融株も総じて反発

個別銘柄では、ソフトバンクグループ(9984)が値を上げ、前日に急落したユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)も大幅反発となりました。

また、武田薬品工業(4502)やアサヒグループホールディングス(2502)が年初来高値を更新し、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など金融株も反発して引けています。

その他では、ニトリホールディングス(9843)やケーズホールディングス(8282)が取引時間中に年初来高値を更新しましたが、その後は売りに押されて終値は下落しました。

一方、ローソン(2651)が取引時間中に年初来安値を更新し、ローム(6963)や日本電産(6594)も値を下げました。また、任天堂(7974)も冴えない値動きとなり、自動車株ではSUBARU(7270)がわずかに下落して引けています。

新興市場では、そーせいグループ(4565)、CYBERDYNE(7779)、ミクシィ(2121)など時価総額の大きい主力銘柄が値を上げました。また、サイバーステップ(3810)やUbicomホールディングス(3937)などが大幅高となりました。

一方、レノバ(9519)が急落し、串カツ田中(3547)も冴えない値動きで引けています。

投信1編集部

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。