材料出尽くしのヤマトHDが急落! 日経平均は小幅反落

【東京株式市場】 2017年9月29日

株式市場の振り返り-日経平均株価は小幅反落、前日同様に後場はやや荒い値動き

2017年9月29日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 20,356円(▲6円、▲0.03%) 小幅反落
  • TOPIX 1,674.7(▲1.4、▲0.1%) 小幅反落
  • 東証マザーズ総合指数 1,093.1(+13.9、+1.3%) 3日続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:847、値下がり銘柄数:1,067、変わらず:115
  • 値上がり業種数:13、値下がり業種数:20
  • 年初来高値更新銘柄数:199、年初来安値更新銘柄数:5

東証1部の出来高は17億3,136万株、売買代金は2兆9,564億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。NY市場が続伸したことに加え、選挙相場が本格化することへの期待感も出たようです。

また、半期末に伴うリバランス調整の売買も下支えになったと見られ、売買代金は3兆円へ僅かに届かったものの、9月に入ってから2番目に高い水準となりました。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は円安一服などから、寄り付きから安く推移し、前場の半ばには一時▲78円安となる場面が見られました。しかし、後場に入ると急速に下げ幅を縮小し、一時+6円高になるなどプラス圏に浮上しました。その後は前日同様にやや荒い値動きとなり、結局は小幅下落の反落で引けています。

なお、TOPIXも似たような値動きでしたが、日経平均株価とは異なり、取引時間中にプラス圏に浮上することはなく、終日マイナス圏での推移となりました。

東証マザーズ総合指数は3日続伸、売買代金は連日で1,000億円を上回る活況

東証マザーズの出来高は7,149万株、売買代金は1,136億円となり、いずれも前日より増加しました。新興市場への個人投資家の資金流入が継続している模様であり、小型株物色の流れにも乗って、高水準な商いとなりました。

売買代金は連日で1,000億円を上回り、9月5日以来の高水準となっています。

また、総合指数も大幅上昇となり、久しぶりの3日続伸で引けました。再び1,100ポイント回復を目前にしたようです。今後は、個人投資家の資金流入が続くのかどうかが注目されましょう。

ヤマトホールディングスが材料出尽くしで急落、コマツやトヨタ自動車も下落

個別銘柄では、信越化学工業(4063)が値を下げ、前日に急騰したユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)も大幅反落となりました。

また、前日に宅配便の値上げを柱とした中期計画を発表したヤマトホールディングス(9064)が材料出尽くしで急落となっています。

その他では、コマツ(6301)と日立建機(6305)の建機株が大幅安となり、トヨタ自動車(7203)など自動車株が総じて下落したことが目を引きました。

一方、前日は冴えなかった薬品株が反発し、大幅高となった武田薬品工業(4502)は年初来高値更新となりました。また、ソニー(6758)や三菱電機(6503)など、主力ハイテク株の一角が買われています。

なお、業界再編に関する新聞報道を受けて、元気寿司(9828)が大幅高で引けました。

新興市場では、ウォンテッドリー(3991)が値を飛ばしてストップ高で引け、堅調に推移した串カツ田中(3547)は3日連続の年初来高値更新となりました。

また、本日上場のマネーフォワード(3994)は公開価格(1,550円)を大幅に上回る3,085円で引けています。

投信1編集部

ニュースレター

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。