見えない損に気をつけよう:その飲み会のコスト、いくらですか?

今年のノーベル経済学賞「行動経済学」に学ぶ

「見えるコスト」と「見えないコスト」

突然ですが、気の乗らない飲み会に誘われたことはありませんか? 付き合いの飲み会や、気の進まない飲み会など、一度は経験があるかもしれません。

では、その飲み会の会費が3000円だったとしましょう。この場合、飲み会にいやいや付き合ったことによって失ったもの(コスト)はなんでしょうか?

もちろん、3000円の飲み会代と、それに付き合った時間(2~3時間? あるいはもっと?)でしょう。

続きを読む

しかしそれだけではありません。上記の「3000円と2~3時間」は直接的にかかったコストです。いわば「見えるコスト」ですね。

問題は、上記の損得換算は「見えないコスト」を考慮に入れていないという点です。その「見えないコスト」とは、「付き合いの飲み会に行かずに、その時間を他のことに使った場合に得られたであろう利益」です。

たとえば、付き合いの飲み会に行かなければ英語を2~3時間勉強できたとしましょう。そうすると、「付き合いの飲み会に行ったことによってできなくなった2~3時間分の英語の勉強」が「見えないコスト」です。

これは直接的に金銭的価値に換算できるものではありませんが、その勉強を積み重ねていったときに得られる金銭的報酬(たとえば昇進や年収アップの転職)を考えてみると、結構バカにならないことは想像していただけると思います。

よって、この「付き合いの飲み会に行くか行かないか」の意思決定をするときには、次のような損得換算(コストベネフィット分析)をする必要があるでしょう。

*これは厳密な分析ではありません。英語の勉強をするときに書籍等を購入するとすれば、それはコストに計上しなければいけませんし、「飲み会でワイワイ」したことで人間関係が深まり、新たなビジネスが生まれたりすれば、それは「今は認識できていないベネフィット」になるでしょう。上の図のようには単純化して整理できない問題であることは承知の上で読み進めていただければ幸いです。

この分析をした上で、ベネフィットがコストを上回ると考えれば、「付き合いでも行くか!」という意思決定をすることになります。

飲み会に行くか行かないかごときで何をムキになっているんだ、このロジックオタクめ!と思われるかもしれませんが、もう少しお付き合いください。本題は飲み会の話ではないのです...。

「機会費用」という考え方

さて、問題は多くの人がこの「見えないコスト」を意識しない、もしくは軽視してしまうということです。読んで字のごとく、「見えない」ので意識しづらいのです。この「見えないコスト」のことを経済学では「機会費用」(Opportunity Cost)と呼びます。

「この飲み会行きたくないなあ、でも2時間で3000円ならまあ付き合いでも行くか」と、どうしても思ってしまいますが、本当は「この飲み会行きたくないなあ、2時間で3000円で、さらにその時間、英語の勉強もできなくなるのか」と考えるべきなのです。

「見えないコスト」の重要性

上記の例は、なんのことはない、日常の些細な事象における損得計算に関わるものですが、「見えないコスト」を軽視してしまうことの弊害は、ビジネスや経済、政治等、重要な場面でも大きいと思われます。

たとえば、あなた(担当者)が、あるプロジェクトに取り組むか取り組まないかを上司(意思決定者)に提言するとします。

この場合、下記の3つのシナリオが考えられます。

さて、この場合「見えないコスト」はどこに潜んでいるでしょうか?

まず、プロジェクトに取り組んで成功した場合(シナリオ1)、コストはゼロです。ですが、プロジェクトに取り組んで失敗した場合(シナリオ2)は損失が発生します。これは実際に発生する損失なので「見えるコスト」です。問題はシナリオ3です。一見、何も起こらないのでコストはゼロと考えがちですが、ここが落とし穴です。

飲み会の例で見たように、「見えないコスト」とは「他のことに取り組んだときに得られたであろう利益」です。つまり、ここでは「プロジェクトに取り組んだときに得られたであろう利益」がシナリオ3の「見えないコスト」です。

仮に、あなたの上司(意思決定者)が「見えないコスト」を無視し、「見えるコスト」ばかりを気にする人だったらどうなるでしょう?

「見えないコスト」を無視しているということは、プロジェクトに取り組まないことによるコストはゼロと認識しているということです。そうすると、「見えるコスト」が発生する可能性のある「プロジェクトに取り組む」という意識決定は自然と敬遠されます。

担当者のあなたは、「もしプロジェクトに取り組むという提言をして、それが失敗したら責められるけど、取り組まなければ何も起こらないから取り組まないことにしようかな...」と考えるでしょう。

こうして、何もチャレンジしない、新しいことに取り組まない組織が生まれてしまいます。これを防ぐためには、きちんと「見えないコスト」を考慮に入れることが大切でしょう。「何もしない」という意思決定にもコストが伴うのです。

人の偏見を考慮に入れた行動経済学

従来の経済学は「人間は合理的に判断する」ということを前提に作られていました。「合理的」ということは、上の例で言うと「見えないコスト」まできちんと考慮に入れて意思決定をするということです。

たとえば、中央銀行の金融政策等の重要な政策も、この「人は合理的に行動する」という前提の上に作られたマクロ経済学の理論によって策定されています。

しかし、上の例で見たように、人はどうしても「見えないコスト」を軽視してしまったりするものです。人はいつも合理的に行動するわけではないのです。今年のノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー氏も、経済を分析する際に、上記のような人の偏った物の見方(バイアス)を考慮に入れるべきだとして行動経済学を発展させたのです。

さて、弊社では過去にも「思い込み」や「偏見」を取り除いて意思決定を行うことの重要性についてお伝えしてきました。

上記のように「見えないコスト」を無視することによって現状維持を好んでしまう人の性質についてはこの記事(リンク先ご参照)取り上げています。また、海外への投資を必要以上に敬遠してしまう「ホームバイアス」と呼ばれる思い込みについてはこちらの記事(リンク先ご参照)で焦点を当てました。

人の意思決定のメカニズムをより正しく理解して分析できるようになると、より正確な経済予測や合理的な意思決定ができるようになるでしょう。そのために、これらの記事を参考にしていただければ嬉しく思います。

以上、投資型クラウドファンディングを通じて世界のお金の流れを変えるクラウドクレジットでした。

参考文献:Thaler, R. H. (2015). Misbehaving: The making of behavioral economics.

クラウドクレジット

PR

クラウドクレジット

世界の資金需要者と個人投資家をつなぐ金融プラットフォームをつくるフィンテック企業として2013年1月に設立。
2014年6月から投資型クラウドファンディング・サービス「クラウドクレジット」を提供。当初はラテンアメリカのペルーに投資を行うファンドを提供し、2015年からはフィンランドやスペインをはじめとする欧州諸国の個人向けローンに投資を行う。
2016年はアフリカでの投融資を開始し、五大陸で投融資を行うプラットフォームになることを目指す。