変化を求めるサラリーマンに。ビジネスシーンで使えるクールな印象のコートとは?

ビジネススタイルはマナーを守り、目立たないようにすることが多いので、人と服装がかぶってしまうことも多々あります。しかし、冬にスーツの上から着るコートくらいは人とかぶらないものが欲しいと思ってしまうところ。

そこで今回は「ビジネスで着られる、人とかぶらないアウター」をテーマに、ショップスタッフが教えてくれた、ミドル丈くらいのクールな印象を与えてくれるアウターたちをご紹介します。少しクセがあるけれど、ビジネスシーンにも合うものが揃っているので、ぜひご確認を。

続きを読む

ノルウェーブランドの洗練されたアウター

まずは、アウトドアとテーラーリングの融合をテーマとしたノルウェー発ブランド『UBER』のコート。スーツに合わせることをイメージして作られたシンプルなデザインなので、ビジネスシーンにもしっかりマッチします。

表生地はポリエステルとオーガニックコットン混紡の2層ヘリンボーンシェル、ライニングには最高機能の中綿プリマロフトを使用と、本格的なアウトドアアイテムと同等の機能性を誇る一品。防水性と透湿性に優れているので、サラリーマンの天敵でもある突然の雨でも困りません。

高機能素材を使用したハイレベルなコート

オーセンティックな雰囲気の『Post amenities』のステンカラーコート。実はこちら、高機能素材を使用することで、かなりハイスペックな仕様となっているんです。

表生地には小松精練が開発した撥水・透湿・防風性に優れた高機能素材Saitos、裏地には吸水速乾・透湿性に優れたCoolmaxを使用。また素材だけでなくシルエットにも機能性を追求。きっと冬の外回りのとき、「ああ、これを着ていて良かった」と実感できるはず。

立体シルエットが映えるミニマルデザイン

シングルでもダブルでもない「セミダブル」のフロントデザインが印象的な『STILL BY HAND』のコート。特筆すべきはその素材使いで、形状記憶性を持つ割繊素材を用いることで立体的なシルエットに仕上がっています。

デザイン自体は控えめで、構成するパーツ数を減らし、フロントにはスナップボタンを配置するなど着こなしを邪魔しない作りに。シンサレートを中綿に用いるなど防寒具としての性能も高いのも嬉しいところ。

オン・オフ&天候、お構いなし

その名の通り、天候を気にせず着られる『LIVING CONCEPT』のハイスペックなコート。ナイロンをメイン素材に使ったライトでタフな着心地で、インナーを変えるだけで夏以外の全ての季節に対応できます。

ゆったりしたサイズ感は無理のないレイヤードを実現し、光沢のある上品なルックスでカジュアル・フォーマルを気にすることなく取り入れられる一品。裾の切れ目であるベントもボタンで塞ぐことができるなど、デザイナーの細かな気遣いにもグッときますね。

英国の伝統に遊び心をプラス

高い品質とコストパフォーマンスで「MADE IN ENGLANDの常識を覆すほどの存在感」と称される『LONDON TRADITION』のチェスターコート。柔らかく肉厚なウール地は見た目からは想像できないくらいの“軽さ”が特徴です。

それでいて防寒性もしっかり確保。イギリス製ならではの贅沢な素材使いを叶えつつも、ポケットのデザインには遊び心も。伝統と個性がジャストなバランスで両立されています。

変化を求めるサラリーマンにオススメのコートたち

クールかつ人と違うという印象を与えてくれるコートたち。冬のスーツスタイルを格上げしたいなら、ぜひ本格的に寒くなる前にこれらのコートを手に入れてみては?

FACY

PR

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。