巷で高まるダウンへのモチベーション。とにかく暖かいダウンジャケットをまとめてみました

11月も後半、急に冷え込んできたので暖かいアウターの需要が増しているようです。特に巷ではダウンジャケットの人気が高まっているとのこと。それは日本の気候が寒くなったからか、はたまたダウンの性能がみるみるアップグレードしているからか…。

分からずとも、ここはそんな流れに乗ろうということで、今回はとにかく暖かいダウンジャケットを揃えました。注目ブランドのダウンジャケットから、注目の機能性を備えた新鋭ブランドまであるので、今季のダウン探しの参考にどうぞ。

続きを読む

都会の冬にはスマートな一着を

まずは、都会的な印象を与える『EDIFICE』オリジナルのダウンジャケット。表地は東レのストレッチナイロン生地に高機能フィルムを貼ったものを採用。そのため、ストレッチによる動きやすさはもちろんのこと、高撥水、高透湿などといった機能性の高い仕上がりに。

さらにダウンにはAlied Feather社の700フィルパワーのホワイトダウンを採用し、保温性も抜かりなし。それでいて、このスマートなルックス。都会の冬にはもってこいですね。

異名は着る傘、非の打ちどころなしの一着

昨年に続き、今年も秋冬の注目ブランドに名のりを上げる『Wislom』から、こちらの一着。生地には特殊なナイロン糸を縦横に用いた同ブランドオリジナルのRugaを採用。薄く軽いながらも強度を備えています。

また裏には傘の2倍以上の耐水性と撥水性を備えるようコーティングを施し、着る傘とも称されるスペックを確保。ダウンには750フィルパワーの国産のものを採用。随所に光るディテールも他のダウンでは味わえない仕上がりです。

N-3Bをモチーフに、やはり注目のブランドから別モデル

同ブランドから別モデルを。こちらはN-3Bをモチーフに作られたダウンコート。ダウンには先のアイテム同様に750フィルパワーの高機能国産ダウンを採用しています。

敢えてテック系と言われる素材を用いず、ナイロンで構築された表地はやはり他と一線を画す出来。ファッション性の高さが見て取れ、さすが『Wislom』。注目されるべくして、されていることがわかりますね。

高い希少性とギア満載の一着

北極地などでの着用を想定して作られた同ブランドの最上級モデル“Integral Hooded Parka”をウォルナッツが別注した一品。頑丈で知られるダブルリップストップ生地の発色良いブルーにチェンジ。

ダウンには700フィルパワーのホワイトグースを採用し、保温力はもちろんのこと、余分な湿気を放出する特性を保持。巷ではほとんど見かけないモデルに加え、別注となったら、なおさら希少性は高く必然とかぶることも少ないです。

あとがき

お洒落は我慢なんて言葉はあるけれど、結局暖かいに越したことはないですよね。この時期無理すると体調を崩すことになるので、素直に暖かいダウンジャケットを選んでみてはいかがでしょう。

FACY

ニュースレター

PR

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。