JALがアエロフロート・ロシア航空と包括的業務提携に合意と発表

Shutterstock.com

日本航空(JAL)とアエロフロート・ロシア航空(SU)は、2017年11月27日に、日本=ロシア間の航空便の選択肢の増加による乗客の利便性とサービスの向上、相互送客による企業価値の向上を目的とした包括的業務提携を行うことについて覚書を締結したと発表した。

2018年度以降に両社が運航する東京=モスクワ線、JAL運航の日本の国内線および日本以遠の国際線、SU運航のロシアの国内線でコードシェアを実施する予定。コードシェア実施路線、開始時期などの詳細については、具体的には今後、詳細が発表される。

続きを読む

同社は今回の発表の中で「JALとSUは将来的に、マイレージ提携、モスクワでのJALが利用する空港の移転や共同事業の検討など、更なる業務提携について検討する」ともコメント。

SUはロシアの主要航空会社。SUとその提携航空会社は世界177カ国、1,074都市に就航している。2016年のSUの利用客数は2,900万人(子会社を含むアエロフロートグループ全体では4,340万人)。SUは214機の航空機を有し、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港を拠点としている。

JALは「 2017年1月1日に日本とロシアの両国が互いにビザ発給要件を緩和した後、両国間の渡航者数は順調に増加しています」ともコメントしており、今回の発表内容が今後もさらに両国の経済発展につながるような輸送ネットワークにつながるのかにも注目だ。

投信1編集部

ニュースレター

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。