マツダ、東京オートサロン2018に新型「CX-8」などの特別仕様車を出品

マツダ(7261)は、2018年1月12日~14日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」において、新型「マツダ CX-8」や「マツダ ロードスター特別仕様車 RED TOP」のカスタマイズカーを出品すると発表。

東京オートサロンは、1983年にチューニングカーマガジン「OPTION」誌初代編集長が、カスタムカー文化を世に広めるべく「東京エキサイティングカーショー」としてスタートした展示会である。

続きを読む

マツダの今回の出展テーマは、「Be a driver. Experience ~マツダの新しいチャレンジが始まる~」であり、クルマを通して顧客の人生を豊かにする提案を行うとしている。

最新車両として3列シートクロスオーバーSUVの新型「マツダCX-8」を展示するほか、「マツダ ロードスター特別仕様車RED TOP」、「マツダ CX-5」、「マツダCX-3」、「マツダ ロードスターRF」、「マツダ ロードスターNR-A」の各車種のカスタマイズカーを展示する予定。

また、2017年8月4日に発表した、初代「ロードスター」(NA型)のレストアサービスについて担当者から説明が行われる場が設けられる予定。レストア作業中車両のホワイトボディの展示も行われる。

若者を中心にクルマ離れが進むなかで、『走る歓び』にあふれるカーライフの提供を訴えることで、そうした流れを変えることに成功するかに注目したい。

投信1編集部

ニュースレター

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。