みるみるうちにお金が増える! 貯金がすすむお財布整理術

貯金が難しく感じる人、毎月のやりくりで精いっぱいだから貯金なんてできないと思っている人。一度お財布の使い方を見直してみませんか。何気なく使っているお財布、実はちょっと使い方を見直すだけでお金が貯まるようになるのです。

今回は貯金がすすむお財布整理術についてご紹介します。

週初めに予算分の現金をお財布に

お金が貯まるお財布の大前提として、「きちんと整理整頓されている」ということが言えます。これはつまり、整理整頓して財布の中にあるお金を把握しやすくしておきなさい、ということ。それと同時に使い過ぎを防ぐ効果もあります。

続きを読む

お財布に入っている現金をきちんと正確に把握することは、予算と実際の出費とのギャップを理解するのに非常に役立ちます。予算が頭の中に入っていても、自分の出費を正確に把握していないと予算管理が難しくなってしまいますよね。逆も同じで、現金がいくら入っているかを把握していても予算があいまいであれば、自分が使い過ぎなのかどうかの判断もつかなくなってしまいます。

お財布にお金を入れるときのルールを決めておきましょう。特にこだわりがない人は、「毎週月曜日のお昼休みに1週間分のお金をおろす」と決めてください。これなら時間外のATM手数料もかかりませんし、1週間のはじめで予算と出費の管理もしやすく、週末の土日に控える予定を見据えてお金をうまくやりくりするモチベーションになりますよね。

たとえばお財布にただ予算分の現金を突っ込むだけではなく、それと同時に先を見通してマネープランを立てておくといいでしょう。「土日に飲み会やデートが控えているから平日は無駄な出費をしないように」とか「週末の飲み会で5,000円は使うから平日はお金を使わないようにしよう」など、先を見通した節約感覚を身に着けることができます。

レシートは整理して保管、家で財布から出す

レシートをお財布に入れっぱなしにしている人、要注意です。お財布の中身を常にスッキリさせておくと、残りの金額が把握しやすいうえにお金が貯まりやすくなります。お金にとって居心地のいい環境を作ってできるだけお財布の中に長くいてもらえるように、お財布の中に不要なレシートを入れっぱなしにしないよう心掛けてください。

こういった心掛けを甘くみてはいけません。お金に意思があるというわけではありませんが、そもそもお金の居場所であるお財布を雑に扱ったり、お財布をゴミ溜めのようにしておいたりするということはお金に対する意識が薄いことを表しています。

財布の中身をキレイにしておく、常に整理整頓する、ということをしっかり心がけておくことは、お財布のこと、すなわちお金のことを意識するということにほかなりません。お金に愛着を持つこと、お金のことを毎日少しずつでいいので意識すること、そのためにお財布の中身をキレイに保とうという心掛けが生まれるところまでが重要なプロセスなのです。単にレシートを捨てればいいという問題ではありません。

そもそもお店でレシートをもらわないという人は問題外です。レシートをもらわないということは自分が何にいくらお金を使ったか、思い出す手がかりを捨ててしまうことになります。できればレシートはもらったらキレイに折りたたんでお財布に入れ、家に帰ったら決まった場所に保管して1週間が終わったときに見直すようにしましょう。

クレジットカードは2枚までと決める

クレジットカードをたくさん持つことはオススメしません。クレジットカードはできれば2枚までに収めておきたいところ。4枚も5枚も持っているということは何の自慢にもなりません。違うブランドのクレジットカード2種類もあれば、国内外のあらゆる地域でも使えて十分ですよね。

また、この機会に見直したいのはキャッシング機能がついたクレジットカードです。「いざとなったら借りればいいかな」と思うようになってしまうのが怖いので、キャッシング機能の利用は控えるなり、キャッシング機能を使っていないのにつけているという人は早めにキャッシング機能のみ、解約を。

また、リボ払いや分割払いも利用を控えたほうがいい機能です。リボ払いも分割払いも、支払い期間が長くなってしまうため、翌月も、翌月以降もずっとその支払いを引きずることになり、家計に影響が出る可能性も高くなってしまいます。クレジットカードは非常に便利ではありますが、後払いになってしまううえに、カード会社によって締め日が異なるため、家計を管理しづらくなってしまいます。

もし、普段からクレジットカードを使わなくてもやりくりできていて、ネット通販で利用するからクレジットカードを契約しているという人がいたら、デビットカードをオススメします。銀行口座から直接リアルタイムで支払われるので、支払いはその場で終了。あとに引きずらないので家計の管理もしやすく、使い過ぎも防ぐことができます。

ポイントカードはカードケースで管理

ちょっと面倒に感じる人もいるかもしれませんが、できればいろんなお店のポイントカードはお財布ではなくカードケースに入れて管理してください。お財布の中がスッキリしますし、カードの厚みで膨らむこともありません。ポイントカードやほかのクレジットカードとこすれ合って、磁気の部分が使えなくなってしまったという人もいるかもしれません。そういった事態も防ぐことができますよね。

また、ポイントカードもできるだけ量を減らしてください。よく使うお店だけに絞って、買い物は極力同じ店で。そのほうがポイントの恩恵も受けられますし、店内の配置を理解しているためウロウロして無駄遣いしてしまうこともなくなります。誰もが経験があると思いますが、ドラッグストアなどで目的のものを探しているうちにほかのものが目に付いてついつい無駄遣いしてしまうんですよね。同じお店で買い物をするメリットは意外とそんなところにもあるのです。

まとめ

いかがでしたか。お財布の使い方にはちょっとしたコツがあります。それは自分なりのきちんとしたルールに基づいて財布を整頓すること。コレだけです。お金を入れるタイミング、お金の使い道、クレジットカードの使い方、ポイントカードの取捨選択。お財布をキレイに使うことでお金の使い方そのものが変わってくるはずですよ。

大塚 ちえ

ニュースレター

PR

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。