3人目を産んで変わった世間の反応と世界観

1人でいれば「結婚は?」といわれ、結婚すれば「子どもは?」といわれ、1人目を産めば「2人目は?」といわれる現代。これが3人産むと、世間の反応もまた変わってきます。

7歳、2歳、0歳の3兄妹がいる我が家。3人目を産み、世間が自分を見る目が、また自分が世間を見る目も変わりました。今回は子どもを3人もって変わった世界を5つほどご紹介します。

妊娠報告するも「うちは無理」

1人目と2人目の妊娠報告時、周囲からかけられる第一声はほぼ100%「おめでとう」でしょう。その後も「楽しみだね」「体に気を付けてね」などポジティブで気遣いのある言葉が続き、終始和やかなムードで会話は進みます。

続きを読む

ところが3人目となると、まず「えっ、3人目?」と驚かれます。その後も「大変だね」「頑張ってね…」とどこか空気の重い会話が繰り広げられ、「すごいね」と言われても引き気味な様子が伝わってきます。

気になったのが、半数以上の人に「うちは無理!」と言われたこと。それまで出ることのなかった、「うちの場合」が出てくるのも3人目ならでしょう。ただし90代のおばあちゃんにだけは「楽しみだね! 4人、5人もいいよー頑張りな」と言われました。

性別は聞かれない or やたら聞かれる

妊娠を報告すれば、次の主な話題は子どもの性別です。3人目となると聞かれない、もしくはやたら聞かれるのどちらかが多いようです。ちなみに男の子も女の子もいる家庭の場合、上2人のときほどは聞かれないようです。

筆者は上が2人とも男の子だったので、普段ほとんど会話しないママにも性別が判明するまで聞かれ続けました。

ただの大雑把が「3人のママだから」に変換

元々筆者は大雑把な性格です。充電コードがからまっていてもそのまま使いますし、今は冷えるので気にしますが、若い頃は七分袖も十分袖も同じ扱いで着ていました。

ただの大雑把が、3人目を産んだ後は何をしても「さすが、3人のママは肝が座っている」と言われるようになりました。

思えば1人目を妊娠した当初、元々ローヒールが好きなのに「妊娠したからヒールが低い」と言われたり、前から飲んでいたのに「妊娠したからグレープフルーツジュース飲む」と言われたもの。そんなもの、なのでしょう。

田舎では珍しくない

産んでみて、私自身が世間を見る目も変わりました。子ども3人は多い印象ですが、田舎ではそうでもないよう。当たり前とまではいきませんが、珍しいことでもないのです。

関東、近畿、中国地方の三県で子育てを経験していますが、田舎で子ども3人の家庭は割と多いのです。70代のおばあちゃんとは、「前までは2人が普通だったのに今は3人産む人も多い」と話したほど。これも双方の両親の手助けが期待できる田舎ならではでしょう。

また、子どもが多いと気になるのが教育費ですが、親世代の経験から「大学を出たから必ずしも就職できるわけではない」「大学進学より手に職をつけてほしい」という声も最近は聞きます。「とりあえず大学進学」から時代が変わりつつある印象を受けます。

3人育児は精神的に楽

「3人は大変」とよく言われますし、産む前までは大変だと思っていました。結果、物理的には大変になりましたが精神的には楽に感じています。

個人的には、2人の方が精神的にキツく感じました。子ども2人に大人1人のワンオペ育児の頃は「何とか頑張れる」と思ってしまい、無理をして結局は限界を感じてイライラしたり怒ったりということがありました。

これが子ども3人になると「絶対無理」と分かっているのでどこか肩の力が抜け、始めから諦めがついて限界に挑戦することもなくなったのです。

3人目の育児は、上の子たちほど思い悩むこともあまりありません。1人目は子育て自体に悩み、2人目は複数育児に悩むでしょう。3人目は子育てにも複数育児にも慣れているので、ただ可愛さだけを日々感じています。

自分なりの答えを

独身だろうが、結婚して子どもがいようがいまいが、結局世間は「何か言いたいだけ」なのかもしれません。仕事や趣味や友人関係に関してはここまで突っ込んで聞かれることもないのに、不思議なことです。

様々な人からそれぞれの価値観で言葉をかけられると、どの立場にいても戸惑ってしまいますよね。はじめから「何か言われる」前提でいて、何を言われても揺るがない、自分なりの生き方の答えを持っておく必要性を感じています。

宮野 茉莉子

ニュースレター

PR

宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科を卒業後、野村證券を経て2011年よりライターへ。
主な執筆分野は育児、教育、ライフハック、女性の社会問題など。
子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みを伝えるべく執筆中。禅好きの3児の母。