2018年は「ピット飲食」がくる!?

ビジネス、今日のひとネタ

先日、リクルートホールディングスが「2018年のトレンド予測」を発表しました。美容や住まい、人材など、さまざまな領域で「来年はこれが流行る!」と予想されたものが解説されています。

その中の飲食分野では、「ピット飲食」というワードがトレンド予測に挙がっています。いったいどんな意味なのでしょうか?

スキマ時間に休憩しつつ食事

「ピット飲食」とは、17時から19時の間に軽く食事をとることをいいます。F-1やインディカーなど自動車レースの車が、短い時間で給油やタイヤ交換などをすませる「ピットイン」に由来し、「少しだけ空いた時間に休憩しつつ食事をとる」といった意味合いのようです。

続きを読む

前述の予測では、来年はこの新しい習慣が流行し、カフェやファストフード店だけでなく、バーなどの飲食店も早い時間からの集客を狙う店舗が増えると予想しています。

たとえば東京都内にあるバーでは「BARゴハン」と称して、夕方から夜の20時までは、ピザを100円、パスタを無料で提供するという店舗もあるようです。これまで遅い時間ににぎわっていた店も、2018年は早い時間からスーツを着た人で満席という光景が見られる……かもしれません。

その背景には「働き方改革」

この「ピット飲食」が流行予想に入った背景には、「働き方改革」があります。最近は仕事が早く終わって、習い事や育児、地域コミュニティ活動への参加などをする人が増えていますよね。さらに働く時間や場所も自由になって、仕事の前にプライベートの予定をすませる、なんて人もいるかもしれません。その中には、次の予定の前にどこかで軽くご飯を食べるという人が多くなってきているようです。そういったニーズが今後高まっていくと予測されたことから、「ピット飲食」という言葉が誕生したわけですね。

この「ピット飲食」は仕事の後に立ち寄って、一休みしながら食事も楽しむことを目的としています。そのため、利用する場所としては、ゆったりできるカフェや、一人で入りやすい場所、ネット環境などの設備もしっかりしているところが人気を集めるといわれています。今後この新しい習慣が本当に流行すれば、ビジネス街で「ピット飲食できます!」なんて看板を出すお店がたくさん出てくるかもしれません。

でも、ほんとに流行るの……?

しかし、首都圏のオフィス・ワーカーを対象にした調査では、「働き方改革」によってここ最近の終業時間が早まったと感じている人はまだ3割程度という結果も出ています。そのため、忙しい夕方の時間帯にゆっくり食事をとる「ピット飲食」が来年すぐ流行る! といえるかは微妙かもしれません。政府がいま普及に努めている「プレミアムフライデー」のように、スローガンだけで、全国的にはなかなか広まらないという結果になりそうな気もします。

2018年に果たして「ピット飲食」は流行るのか? それ以前に、読者のみなさんや多くの会社員の終業時間は早まるのか? あと1年後に答え合わせをしてみたいところですね。
 

クロスメディア・パブリッシング

ニュースレター

PR

クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。