【日経平均株価】26年ぶりの高値で2万3000円を突破。年内どこまで上がるのか?

【株式テクニカル分析】相場に見られる買いの勢い

大発会の急騰に続き続伸。26年ぶりの高値へ

2018年1月5日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より208円20銭高の23,714円53銭となりました。

2018年の大発会となった4日、日経平均は急上昇し、前営業日より741円高の23,506円となりました。5日も続伸し、終値は1992年1月6日(23,801円)以来、約26年ぶりの高値となっています。

昨年の11月9日にザラバで23,382円を付けて以来、何度もトライしては跳ね返されていた2万3000円の壁を一気に超えてきたことになります。商いも活況で、東証1部の売買代金は2日連続で3兆円を上回りました。

続きを読む

背景としては、足元の世界的な株高があります。米株式相場は2日が最初の営業日でしたが、反発して始まり、5日まで4日続伸しています。5日はダウ工業株30種平均、S&P500種株価指数、ナスダック総合株価指数と主要3指数がそろって過去最高値を更新しました。

先進国だけでなく、ベトナムなどアジアの新興国の株式相場も伸びています。ブラジル、アルゼンチンなど南米の株式相場も上昇しています。また、韓国と北朝鮮の南北高位級会談の開催が決まったことで、地政学リスクが和らぐとの見方から、韓国だけでなく、中国、日本の株も買われています。

今週以降の展開はどうなるでしょうか。日経平均は引き続き、米国株や為替の影響を受けそうです。5日には2017年12月の米雇用統計が発表されました。非農業部門の雇用者増加数については市場予想を下回ったものの、失業率は前月と同じ低水準を維持しており、平均時給も上昇したことなどから、労働市場は堅調という見方が広がりました。

5日のニューヨーク外国為替市場は乱高下といったところ。雇用統計の発表直後は一時、円高が進みましたが、けっきょく円相場は3日続落し、1ドル=113円00~10銭で取引を終えています。

日本市場は今週、8日は成人の日で休場となります。外国人投資家の売買比率が高まっていることから、外国相場の影響を受けた連休明けの動きに注目したいところです。

窓をあけて上昇。相場に強い買いの勢いがある

先週の動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。大発会の4日は始値が23,073円と、いきなり2万3000円超えで寄りつきました。そのままほとんど下落することなく、高値と終値が同じという、いわゆる「陽の丸坊主」のローソク足となりました。相場に強い買いの勢いがあることを示しています。

翌5日も窓をあけて上昇して始まりました。一時、押す動きもありましたが、前日の終値まで下がることもなく、再び陽線となって上昇しました。

2万3000台定着へ。2万5000円台も視野に入ってきた

今週の動きはどうなるでしょうか。注目すべきは、昨年末に節目となっていたラインを、4日、5日の2日間で一気に超えてきたことです。特に2万3000円の壁には、これまで何度も跳ね返されていました。終値では、2017年11月7日の22,937円が直近の高値でした。さらに、当面の上値めどであった、11月9日の高値(23,382円)も超えました。

ここから重要なのは、2万3000円台が定着するかどうかですが、これまで2万3000円に何度もトライしていることから商いが積み上がっています。2万3000円を抜けたことでこのラインが下値支持線となり、一段上のステージで上昇していくことが考えられます。

そうなると、その先が楽しみです。終値ベースで現状より上となるのは、1992年1月6日の23,801円で、そこまで80円あまり。そこを抜けると次の上値めどは、1991年11月1日の25,044円になります。まさに2万5000円台も視野に入ってくるのです。

逆に急騰を受けた調整があるとしても、2万3000円を割り込むまでは押し目買いの好機になるでしょう。

下原 一晃

ニュースレター

PR

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。