ニューヨーカーがいま読んでいるビジネス書10冊(2018年1月調べ)

米書店バーンズ&ノーブルのビジネス書売れ筋トップ10

ここでは、某商社NY本店に勤務するビジネス書大好き人間が、日々通う米国最大手の書店「バーンズ&ノーブル」の先月のビジネス書ベストセラーランキングを紹介しつつ、同店のビジネス書コーナーで感じたことをお話ししていきます。

こんにちは! まだまだ寒さは厳しいですが、2月は後半になっていくと、段々と暖かくなっていく時期でもあります。日本も今年は寒い冬のようですが、冷たい雨や雪にも耐えていきましょう。

NYの2月といえば、バレンタインデーです。アメリカでは、バレンタインデーは「愛の日」として大切にされています。NYでは、すでに年明けからバレンタインの飾りが街中で見られるようになり、街全体がロマンチックな姿に様変わりします。大切な人との1日を、NYで過ごしてみるのはどうでしょうか。

続きを読む

それでは、1月のランキングを見ていきましょう。

バーンズ&ノーブル(BARNES & NOBLE)の1月のビジネス書売れ筋ランキング

※ 順位/タイトル/邦題(翻訳書がないものは独自に訳した仮題)

1.The 5 Second Journal: The Best Daily Journal and Fastest Way to Slow Down, Power Up, and Get Sh*t Done/(仮題)5秒ジャーナル あなたを落ち着かせ、力づけ、やるべきことを終わらせる最強の日記/著:メル・ロビンズ

2.When: The Scientific Secrets of Perfect Timing/(仮題)いつ? 完璧なタイミングの科学的秘密/著:ダニエル・H・ピンク

3.A Pocket Guide to Public Speaking / Edition 5/(仮題)話し方ポケットガイド第5版/著:ダン・オヘア、ハナー・ルーベルスタイン、ロブ・スチュワート

4.How to Win Friends and Influence People/(邦題)人を動かす(新潮社)/著:デール・カーネギー

5.Principles: Life and Work/(仮題)仕事と生活の原則/著:レイ・ダリオ

6.Emotional Intelligence 2.0/(仮題)心の知能指数 2.0/著:トラビス・ブラッドベリー、ジーン・グリーブス

7.The Art of Public Speaking / Edition 12/(邦題)アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書(SBクリエイティブ)/著:ステファン・E・ルーカス

8.MKTG (with MKTG Online, 1 term (6 months) Printed Access Card) / Edition 11/(仮題)マーケティング 第11版/著:チャールズ・W・ラム、ジョー・F・ヘア、カール・マクダニエル

9.The 7 Habits of Highly Effective People: Powerful Lessons in Personal Change/(邦題)完訳 7つの習慣 人格主義の回復(キングベアー出版)/著:スティーブン・R・コヴィー

10.The Five Dysfunctions of a Team: A Leadership Fable/(邦題)あなたのチームは、機能してますか?(翔泳社)/著:パトリック・M・レンシオーニ

ベストセラー著者が教える時間の使い方

まずは、2位にランクインした『When: The Scientific Secrets of Perfect Timing』。著書が35カ国語で翻訳されているベストセラー作家の、ダニエル・H・ピンクの新作。以前に刊行された『モチベーション3.0』『人を動かす、新たな3原則』『ハイ・コンセプト』など、彼の著作は日本でもベストセラーになっています。

内容としては、心理学・生物学・経済学といった多面的な視点から、時間の使い方について論じています。職場や学校・家庭で「時間が足りない」と感じる理由を、科学的に解明する一冊です。

「伝え方」と「マーケティング」のロングセラー

続いて、7位に入った『The Art of Public Speaking / Edition 12』です。ハーバード大学など、アメリカの1000以上の大学で20年以上使い続けられている「伝え方の指南書」です。相手を説得したい時、相手に共感してもらいたい時、などの場面に応じた伝え方が紹介されています。「話すことが苦手」と悩む方には、ぜひ手に取っていただきたい本ですね。日本では『アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書』というタイトルで出版されています。

そして、8位にランクインした『MKTG / Edition 11』。マーケティングについて、わかりやすく丁寧に教えてくれる一冊。さらに『MKTG Online』を利用すれば、スマートフォンなどの端末でいつでもどこでも学ぶことできます。毎年新版を出版しているシリーズで、現在の状況に適したマーケティング術を提供してくれます。この2月2日には、第12版が出版されました。

まとめにかえて

1月は、さまざまな悩みの解決につながる本が多くランクインしました。次回はどんな本が登場するのでしょうか。

それでは、次回のランキングをお楽しみに!

クロスメディア・パブリッシング

ニュースレター

PR

クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。