サラリーマンの副業が会社にバレるのは税金が原因って本当?

気をつけるべきなのは自分の行動

住民税の通知から副業が会社にバレる?

副業についての考え方はずいぶんと変わってきて、副業を容認したり、さらには推進したりする会社もあります。

しかし、いまだに副業を禁止している会社が相当数あるのも事実です。一方で、働く側の、仕事以外の余暇の時間を有効活用したいという気持ちも分かります。このような方にとって、気になる点の一つが、副業をしていることが会社にバレないかということです。

では、どのようにバレるケースが多いのでしょうか?

続きを読む

よく言われるのが住民税の給与天引きの書類です。住民税の給与天引き額は、会社が毎年、社員が住んでいる市区町村に給与額を知らせ、その金額をもとに市区町村が計算して会社に通知します。

一方、副業をしている社員が確定申告をすれば、税務署は市区町村に確定申告のデータを転送して、確定申告の数字をもとに住民税を計算して、会社に通知します。社員が確定申告をしていれば、会社が市区町村に提出した給与をベースに計算した住民税額と異なってくるので、会社にバレてしまうということです。

しかし、会社の担当者が各自の給料額を、市区町村の計算結果の数字といちいち照合することは大変です。最近では、個人の所得欄には目隠しシールが貼られていることも多く、そもそも所得金額などを把握することができないことも少なくありません。

また、副業が給料ではなく、事業所得や雑所得であれば、確定申告の段階で給与天引きでなく自分で納付するように選択することもできます。

いずれにしても、住民税の通知から会社にバレるということは少ないでしょう。住民税の金額などを計算して、ズレがないかなど本気で調査すれば分かるかもしれませんが、給与天引きの金額の設定に間違いがないかということに注意しなければならない状況で、各自の住民税額の計算までいちいち見ていられないでしょう。

住民税のことは、仕組みや、どのような書類を市区町村から会社が受け取るのかということが分からないので漠然とした不安を持ちやすいですが、実際のところ、やろうと思えば調査はできますが、それほど気にする点ではないと思います。

副業がバレるのは、もっとアナログな原因

それでは、副業がバレるのはどのような場合でしょうか。それは、自分自身に原因があることが多いかもしれません。

たとえば、会社の同僚に副業でアルバイトを始めたなどということを話したら、何かの折に上司に伝わることがあるかもしれません。特に副業禁止の会社などでは、不公平だと感じる人もいるでしょうから、ちょっとしたきっかけで話が広がりやすいでしょう。

また、SNSなどに副業を匂わせる書き込みをすれば、そこからバレることがあるかもしれません。さらに、会社の近くでアルバイトをすれば、会社の人に見られるかもしれません。税金の資料を気にするよりも、もっと自分自身の行動に気をつけないといけません。

副業がバレたくないなら、会社の誰にも副業をしていることを言わない、会社の近くで副業しないということが一番の防止策といえるでしょう。

渋田 貴正

ニュースレター

PR

渋田 貴正

税理士・司法書士・社会保険労務士

東京大学経済学部卒業後、大手食品メーカーや外資系専門商社にて財務・経理担当として勤務。
在職中に税理士、司法書士、社会保険労務士の資格を取得。2012年独立し、司法書士事務所開設。
2013年にV-Spiritsグループに合流し税理士登録。現在は、税理士・司法書士・社会保険労務士として、税務・人事労務全般の業務を行う。