老後資金、準備できてる? 将来後悔しないための貯金術

若いうちは「老後資金を貯めておかなきゃ」と頭では思っても、まだまだ「老後の生活」が遠すぎてピンと来ませんよね。ピンと来ないけれど確実にやってくる「老後の生活」。早いうちから老後資金を準備しておかないと後悔することになります。そこで今回は、将来後悔しないために老後資金を準備するうえでのヒントをご紹介します。

20代のうちに準備しておくべきこと

老後資金を貯めるうえで、重要なのが20代の過ごし方。20代の頃は「老後の生活」なんてとてもイメージできないですし、給料も少ないのでかなり大変だと思います。しかし、ここで道を間違えると老後資金を貯めるのにかなり苦労するはずです。というのも、20代のうちに済ませておきたい「老後の生活への準備」がいくつかあるからです。

続きを読む

1つは、使うべき制度を十分に活用することです。具体的には、定期預金、財形貯蓄、iDeCoやNISA、つみたてNISAとなど。20代のうちは老後の生活でどのくらいお金がかかるかなんてイメージできません。結婚したり、子どもが生まれたり、マイホームを購入したり、この先にさまざまなライフイベントが待ち構えているのですからイメージがわかないのは当然のことです。

しかし、そんな中でも「とりあえず備える」という姿勢でお金を貯める、ふやす準備を仕込んでおくことで40代、50代になって焦る必要がなくなります。預金や積立預金も低金利がどうこう言われることがありますが、20代のうちにお金を貯める習慣がつくことが何よりも大きな財産です。投資が怖いという人は、定期預金や積立預金から始めてみましょう。

30代で見直したいこと

老後資金を準備すると言われても、あまりまだピンと来ないのが30代。30代は、結婚や出産などのライフイベントが目白押しで将来のことなんて考えられない、という人も多いかもしれません。しかし、30代でこそやってほしいことがあります。それは「お金の使いどころを変えること」です。今使っているお金がすべて、必要不可欠なのかを改めて考え直してほしいのです。

たとえば、30代の無駄遣いとして多いのが習い事や資格試験などの通信講座に申し込んでも仕事が忙しくて実行できていないとか、子どもにたくさんの習い事をさせすぎて子どもが習い事すべてに興味を持たなくなったとか、理想ありきの出費ですね。

資格試験を取得したいとか、子どもにたくさん習い事をさせたいという気持ちは十分理解できますが、理想と現実のギャップに気が付かないままお金を無駄にしてしまうという行動は30代の忙しい社会人にありがちなこと。30代のうちに理想と現実のギャップを見て、必要な出費なのかどうかを整理しておくことが重要です。

完璧さを求めすぎない貯金

貯金しようと思ってもうまくいかない、という人の多くは「完璧な貯金」を目指しすぎています。もちろん、完璧な貯金ができるのであればそれに越したことはありませんが、かなり高めの目標設定にしている人も多く見受けられます。

たとえば、年間100万円を貯金したいから毎月8.4万円貯金しないと、と思っている人。毎月8.4万円貯金するのって、結構大変ですが大丈夫でしょうか。理想ありきで目標値を定めてしまうと、ここでもやはり理想と現実のギャップが大きくて挫折してしまいそうになります。

目標金額を定めることは大事なのですが、それを実際の行動に落とし込むときに、その行動へのハードルが高ければ1つ目のハードルさえ乗り越えられないままモチベーションを失ってしまうこともあります。年間100万円貯めたいからといって毎月8万円貯金しなくてもいいのです。最後に100万円貯まっていればいいのです。学校の先生ではないので、途中の過程を大事にする必要は全くないのです。

極端な話、毎月1万円の貯金もできていなくたって2回のボーナスでそれぞれ50万円貯金に充てれば100万円貯まりますよね。それでいいのです。細かいところにこだわっていると本質を見失ってしまいがちですし、モチベーションを失って自暴自棄になってしまうことも。ゆとりを持って「結果よければすべてよし」と構えて貯金に臨みましょう。

老後の生活基盤と収入源を作る

老後の生活と言われると、「定年退職後、空いた時間で何をしようかな」と考える人も思います。仕事ばかりで楽しめなかった趣味にいそしむとか、配偶者と世界一周旅行へ出たいとか色々な夢がありますよね。でも、その前にちょっと考えてみてほしいのが「いつから」老後の生活を送るかということです。

というのも、今は65歳が定年となっていますが、65歳って想像以上に若いものです。まだまだバリバリ働く元気があって、社会人としての経験もキャリアも十分ですよね。それなのにもうリタイアしてしまうのでしょうか。

貯金だけでなく、老後の生活基盤を整えて収入源を探すことも同時並行で進めておきましょう。何を収入源にするかはその人の自由です。定年前まで働いていた会社に再雇用してもらうもよし、知り合いの会社を手伝うもよし、フリーランスとして働いてみるもよし。

これまでと環境や働き方を変えるのであれば、余裕を持って準備しておくことが必要です。定年後、どうやってお金を稼ぐか考えてみると意外とやれることがたくさんあるはずですよ。

まとめ

いかがでしたか。若いうちから取り組めば、余裕を持ってお金を貯めることができます。イメージできていなくても、とりあえず貯めるということ。これだけは20代のうちに習慣化しておいてくださいね。また、老後資金を作ることもとても大事なことですが、それだけではありません。定年退職後の収入源を確保しておくのも、貯金と同じくらい大事なことですよ。

大塚 ちえ

ニュースレター

PR

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。