一度使うと手放せなくなる歯科用歯ブラシ~ライオン歯科材 「歯科用DENT.PD歯ブラシEH」

評価ポイント

印象:はじめは「固い」と感じるが、力を加えずに歯が磨けるのですぐに手放せなくなる。

コスパ:安くはないが満足できる。

投資テーマ:ヘルスケア製品は効用が伝われば利益もあがる。スマート健康家電などセルフメディケーションは注目の投資テーマ。

総合評価:90点

歯周病の予防に歯科医から勧められた歯ブラシ

第1回のガジェットライフ、格好良くデジタルガジェットを考えていたのですが、あいにくお目当てのものをまだ手に入れていないので、ノン・デジタルのガジェット(?)を採りあげます。

続きを読む

ライオン歯科材の歯科用DENT.PD歯ブラシEH(EH:特にかため)です。歯医者さんに歯周病の予防として勧められてから、この数年来愛用している歯ブラシです。とにかく力を入れなくてもきれいになります。

それまでは、市販のヘッドが小さく毛先が短めで一番ソフトなものを愛用していました。奥歯や歯の間の奥まで届くので、ごしごし磨いていたのです。しかし、この歯ブラシは真逆です。ヘッドは大きめで、毛先は長くてとてもかたく上から指で押すと毛先を感じます。

歯医者さんには、ごしごし磨くのではなく、「当てて、微振動を続けよ」と言われました。確かに毛先が長いので奥歯や歯の間にもぴったり当たります。あとはごしごしではなく、ブルブルという塩梅です。

使い始めのころは歯周ポケットから出血し不安になりました。歯医者さんに相談しつつ使い続け、今ではすっかり愛用しています。旅先などでやわらかい歯ブラシを使うと磨き残しが気になってしかたありません。

特に仕事が進まず気分転換したいときなどには、軽く歯磨きをすると一気にリフレッシュします。価格は1本で牛丼1杯の値段くらいですが、今では箱買いをしています。振動式の電子歯ブラシもかなり良いと聞くのですが、私にはちょっと過剰かと思えます(厳密な保有コストを比較したことはまだありません)。

健康関連の製品は、つぼにはまるとずっと使い続けますね。この歯ブラシ、数がそれほど出るとは思えませんが、ライオン(証券コード4912)はきっちり利益をだしているはずです(ライオン歯科材はライオンの100%子会社です)。

ヘルスケアをテーマに銘柄発掘

本稿を執筆している数日の間に、株式市場は大きな調整をしました。こういうときには長期のテーマを考えてみるのが良さそうです。今回歯ブラシがきっかけで、筆者はヘルスケアに注目して長期投資を考えてみたいと気づきました。高齢化が進むなか、家庭用の機器だけをとりあげても血圧計、体重計、体組成計から始まりスマホやスマートウォッチまで、さまざまなものが市場に登場しています。医療、医薬、食品、サービスなどのすそ野も広範です。ヘルスケアをテーマにした投資信託を検討してみてはいかがでしょうか。

筆者表明:

本稿はあくまで筆者個人の使用感を記述したものです。文中で紹介した製品をご使用の際には医師等と十分に相談いただき、適切にご使用ください。

【2015年8月28日 投信1編集部】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>資産運用初心者に分かりやすい日本株投資信託の見分け方

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。