三菱UFJ国際投信 eMAXIS

あなたはどっち?

1本のファンドで世界の資産に
分散投資をしたい
  • ・資産分散を手間なく実現したい
  • ・ポートフォリオのベースを作りたい
個別の資産から自分で選んで
投資をしたい
  • ・特定の地域・資産に投資をしたい
  • ・現在のポートフォリオにない地域・資産を加えたい

「1本のファンドで世界の資産に分散投資をしたい」あなたへ

最近投資を始められた方やこれから投資をやってみようとお考えの方、このようなお悩みはないですか?

このような悩みがあるお客さまにご提案したいのが、

eMAXIS バランスです!

「eMAXIS バランス」は資産運用を行う上で難しい資産選択や資産構成の見直しといったメンテナンスの必要がなく、投資の世界に踏み出す「はじめの一歩」としてもご活用いただける商品です。

※当サイトでは、eMAXISシリーズのバランスファンドを総称してこのように呼びます。

eMAXISシリーズのバランスファンド

eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)、eMAXIS バランス(4資産均等型)、 eMAXIS バランス(8資産均等型)、eMAXIS バランス(波乗り型) eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー)、eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー)、 eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)、eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)、eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー)

NISA(少額投資非課税制度)スタート以降、ネット向け投信シリーズのバランスファンドの残高は約3年で6倍以上に拡大。

ネット向け投信シリーズのバランスファンドの中で、最も残高が大きいファンドが「eMAXIS バランス(8資産均等型)」です。(2016年11月末現在、QUICK投信分析評価サービスのデータより)

eMAXIS バランス(8資産均等型)
[販売会社一覧]

◆シンプルだけどしっかり分散投資

「8つの資産に均等に投資する」というシンプルな商品性ですが、日本および世界の株式、公社債および不動産投資信託証券(リート)の計8資産に分散投資を行います。

eMAXIS バランス(8資産均等型)
[販売会社一覧]

◆分散投資の効果って?

分散投資とは、一つの資産だけに投資するのではなく、複数の投資対象資産に資金を分けて投資することをいいます。 値動きの異なる資産に分散して投資を行うことにより、資産全体の値動きを安定化させ、リスクを低減させることが期待されます。

下の表をご覧ください。毎年連続してパフォーマンスが1位になった資産は見当たりません。 どれが1位になるかを予測して投資することは難しいことですよね。 “8資産均等”は、下記の期間では最下位になることなく、3位~6位の間におさまりました。このように、両極端のない中庸なパフォーマンスとなったのは、分散投資の効果が見られたからです。

aa

※各数値は、年次の騰落率です。複利(累積リターン)ではありません。国内の資産以外は、円ベースで計算しています。

    8資産均等は、各資産に1/8ずつ均等投資し、毎年末にリバランスするという仮定で計算しています。
  • ・計測期間が異なる場合は、結果も異なる点にご注意ください。
  • ・各資産のパフォーマンスは下記の指数の値を使用しており、ファンドの運用実績を示すものではありません。
  • ・上記は、過去の実績・状況であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりません。

使用している指数

国内株式:東証株価指数(TOPIX)、国内債券:NOMURA-BPI総合、国内REIT:東証REIT指数(配当込み)、先進国株式:MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)、先進国債券:シティ世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)、先進国REIT:S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)、新興国株式:MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)、新興国債券:JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)

eMAXIS バランス(8資産均等型)
[販売会社一覧]

◆日経WOMAN投信大賞2016 大賞受賞!

働く女性にベストな投資信託として「日経WOMAN投信大賞2016」※を受賞(2016年3月号掲載)

ご参考:選考基準

http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/magazine/15/113000009/020500012/?SS=zoom&¡FD=-1351755287

※上記は「日経WOMAN」による2015年10月31日を基準日とした評価です。当該評価は過去の一定期間の実績を示したものであり、将来の運用成果を保証するものではありません。当該受賞の詳細については、日経WOMANオンラインのサイトをご覧ください。

eMAXIS バランス(8資産均等型)
[販売会社一覧]

「個別の資産から自分で選んで投資をしたい」あなたへ

eMAXISシリーズは幅広い品揃え。だから、選びたい、始めたい。
国内のみならず、海外の資産へのアクセスもご用意。あなたのニーズに合ったご選択が可能です。

eMAXISシリーズは幅広い品揃え。国内のみならず、海外の資産へのアクセスもご用意。あなたのニーズに合ったご選択が可能です。

eMAXISシリーズ31本のうち、eMAXISファンドの
リターンランキング(1ヵ月/3ヵ月/6ヵ月)、リターン/リスクランキング(1ヵ月/3ヵ月/6ヵ月)で
それぞれ1位になった「eMAXIS NYダウインデックス」についてご紹介します。
※上記ランキングは、2016年12月8日を基準日とした過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。

eMAXIS NYダウインデックス
[販売会社一覧]

eMAXIS NYダウインデックス


◆当ファンドの投資対象である米国の「投資環境」について

■堅調な経済状況がうかがえる米国経済

米国の失業率は4.6%(2016年11月時点)まで低下。これは、2007年8月以来約9年ぶりの水準です。
また、賃金上昇率も緩やかながら上昇を続けています。

米国失業率および賃金上昇率の推移
■米国企業は2017年に最高益を更新の見込み

S&P500企業のEPS(一株当たり利益)は2014年からほぼ横ばいとなり、NYダウも横ばいの推移。
2017年のEPSは最高益更新が見込まれています。

NYダウ株価とEPS推移

※ I/B/E/S予想 The Institutional Brokers Estimate System (I/B/E/S)は世界の企業について、 EPS、キャッシュフロー、配当予想、純利益を始め、売上、EBIT、EBITDA など様々な財務指標のアナリスト予想をデータベース化し、投資専門家向けに提供しています。 米国市場の投資家向けツールとして1971年に誕生して以来、I/B/E/Sカバレッジは67ヶ国、22,000企業にまで成長しています。 I/B/E/Sは全世界の1,200に上る調査機関から予想値を収集しています。

eMAXIS NYダウインデックス
[販売会社一覧]

◆「eMAXIS NYダウインデックス」の基準価額と残高推移

足元では、トランプ次期政権の発足が決まり、同政権による減税やインフラ投資等の施策に伴う  景気浮揚効果への期待から基準価額は上昇傾向にあります。

【指数について】
「eMAXIS NY ダウインデックス」のベンチマークである「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)」はS&P Dow Jones Indices LLC(SPDJI)の商品です。SPDJI、Dow Jones、S&Pまたは それぞれの関連会社は、同指数の誤り、欠落、中断に対して一切の責任を負わず、当ファンドに対する投資の妥当性を表明するものではありません。