【日経平均株価】1年半ぶりに2万円回復!持続できるのか?上値めどは?

【株式テクニカル分析】2017年6月3日

日経平均株価が2015年12月以来、1年半ぶりに2万円の大台へ

2017年6月2日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より317円25銭高の20,177円28銭となりました。終値ベースで2万円を超えたのは2015年12月1日(20,012円)以来です。

背景には、米国での株高があります。1日の米株式市場では、朝方に発表された5月のADP全米雇用リポートの結果が堅調だったことなどを受けて、ダウ工業株30種平均米が3か月ぶりに過去最高値を更新。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数も過去最高値を更新しました。

続きを読む

ドルが買われ、円が売られたことから、1日のニューヨーク外国為替市場で円相場は4営業日ぶりに反落しました。

前日の米株高や円安を好感し、2日は午前10時前には一時、2万円を上回り、前引けも20,139円となりました。

これまでも米株高や円安の場面は何度もあったのですが、そのたびに、2万円直前で戻り売りの圧力がかかっていました。

もともと、国内企業の決算などから見ると、日本経済のファンダメンタルズは悪くはありません。為替相場が業績に影響を与えるとされ、為替レートに一喜一憂するような状況が続いていましたが、円高傾向になってもしっかりと利益を出していることから、割安感も指摘されていました。

今回は、海外勢を中心に、自動車などの輸出関連、資源関連、金融などの景気敏感株が幅広く買われました。2日の東証1部の売買代金は概算で3兆2,232億円と大商いでした。

今後の今後の展開はどうなるでしょうか。米株はさらに上を目指す展開になりそうです。2日に発表された5月の米雇用統計で雇用者数の増加は市場予想を下回ったものの、失業率は低下しました。これを受けてダウ平均は前日に続いて過去最高値を更新しました。トランプ政権の先行き不透明感などはあるものの、足元の景気が拡大していることから、投資家のリスク資産への資金流入が進むと考えられます。

25日移動平均線にサポートされ、大きく反発

今週の動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。週初は軟調に始まりました。ただ、29日のローソク足の実体は短く、30日も下ひげの長い足となりました。下げの勢いが弱く、反発が予想される局面です。

実際に、31日は安値を更新せず、はらみ足になりました。その後、25日移動平均線にサポートされる形で反発し、1日、2日と長い陽線になりました。2日には大きく窓を空けて上昇しています。

2万円台が維持できれば、22,000円あたりまで視野は広い

PR

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。