【日経平均株価】2万円をはさんで膠着した動き。来週は上か下か?

【株式テクニカル分析】2017年6月17日

日経平均は一時2万台を回復するが、膠着した動き

2017年6月16日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より111円44銭高の19,943円26銭となりました。5営業日ぶりに反発しました。ザラバでは14日に続いて一時、2万円を上回りましたが、2万円台は定着しませんでした。

今週は14日に米連邦準備理事会(FRB)の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれたのに加え、15日にはイングランド銀行(英中央銀行)の金融政策委員会、16日には日銀の金融政策決定会合が開かれました。重要イベントが相次いだことから、市場は様子見姿勢でした。ただし、これらの結果が出ても、動意は乏しく2万円をはさんで膠着状態となりました。

続きを読む

FRBは、14日のFOMCで今年2度目となる政策金利の引き上げを決めました。ただ、市場では追加利上げはすでに織り込み済みで、むしろ同日に発表された5月の米消費者物価指数(CPI)や小売売上高が市場予想を下回ったことから米長期金利が低下し、円買い・ドル売りが進みました。

こうした中、ダウ工業株30種平均は堅調です。16日の米株式市場でダウは反発し、2日ぶりに過去最高値を更新しています。一方で、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落しました。

来週の動きはどうなるでしょうか。重要なイベントは通過したものの、手がかり材料もないことから、今週同様に2万円をはさんだ攻防になりそうです。きっかけはやはり円相場になるでしょう。16日のニューヨーク外国為替市場で円は反発し、前日比10銭円高・ドル安の1ドル=110円80~90銭で取引を終えました。

14日は、FRBが利上げを決めたにもかかわらず、円高・ドル安に動くなど、円相場も方向感が読みづらい状況が続いています。どちらに動いてもいいように、複数の選択肢を持って売買戦略を立てたいところです。

直近の高値に届かないが、大きく下落することもなくもみ合う

今週の動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。6月2日に直近の高値(20,239円)と付けてから軟調な動きが続いていました。ただ、そこから大きく下落もせず、2万円前後でもみ合う動きになりました。

ローソク足の実体が短く、ヒゲが長くなって、陰線と陽線が交互に出るような形になりました。投資家の動きが定まっていないことが現れています。

25日移動平均線にサポートされた形で上昇トレンドは維持

今後の動きはどうなるでしょうか。判断基準の一つになるのが25日移動平均線です。これまで何度も、25日移動平均線にサポートされて反発しています。6月2日(20,239円)への上昇も、5月31日に25日移動平均線で跳ね返ったことから始まっています。

今週、6月15日に、25日移動平均線を割り込む動きがありましたが、16日には窓を空けて上昇しています。このあたりの動きからも、来週以降は再度、上を目指す動きになってもいいのではないでしょうか。

上値めどとしては、まずは6月2日の高値(20,239円)です。ここを抜けると、4月17日を直近の底とする大きな上昇トレンドラインが形成されます。

逆に来週初に窓埋めさらには25日移動平均線を下回るようであれば、警戒が必要です。その場合の下値めどは5月30日の安値(19,570円)や、5月18日の安値(19,449円)あたりになります。

ただし、19,700円前後は足元でかなり売買が積みあがっているため、このあたりと2万円をはさむもみ合い状態が続くことも考えられます。

下原 一晃

ニュースレター

PR

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。