地方出身者が東京で暮らして感じた5つの驚き

今やテレビだけでなくインターネットなどでも様々な情報が入手できる時代ですが、それでも進学や就職などで上京し、東京で暮らし始めてみると地方出身者にはいろいろ驚くことがあるようです。

電車には驚きしかない

東京の人の多さとせわしない様子に驚く地方出身者は多いものです。特に圧倒されるのが電車。とてつもなく長い編成の列車が、線路上で数珠つなぎになっているではないかと思うほど短い間隔でやってきます。そして朝夕のラッシュ時間帯ともなればどの電車も超満員。

続きを読む

「3分間隔で電車が来るのにみんな走って乗りこもうとするのはなぜ? 何をそんなに急いでいるのか」「何度聞いても『短い11両編成』に違和感を覚える。そんな長い電車、地方では走ってないし。でも、11両編成の電車が来ると混むからやっぱり東京では短いのか…」

一方で鉄道運賃や駅舎などに関するこんな声も。「電車賃が異様に安いことに本当に驚いた。安くないですか?…地方は駅間が長いせいかもしれないけど」「横浜駅の工事って、ずっとやってません? そんなに工事するところがあるんですね」

服装が意外と普通? でもやっぱり違う?

一体東京人ってどれほどおしゃれなんだろう…とドキドキしながら上京した人もいたのではないでしょうか。でも実際は「普通」だったことに、逆に驚いたという人も。

ニュースレター

PR

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。
金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。