上がった株・下がった株の背景とまとめ(2016年3月15日)

相場動向まとめ

2016年3月15日のTOPIXは前日比▲0.6%の下落に。東証一部全銘柄で、値上がりは843社、値下がりは947社、変わらずは152社でした。金融政策の現状維持が伝わった後場からは利食いが強まり、資金は、内需・ディフェンシブ系や出遅れ銘柄に向かっている印象です。

上がった株

東芝テック(6588)は前日比+11%上昇。情報通信機器大手。2016年3月14日に遅れていた2016年3月期Q3累計(4-12月期)決算を発表し、通期見通しが据え置かれたことが好感されました。

続きを読む

沖電気工業(6703)は前日比+4%上昇。情報通信機器大手。米系証券会社による投資判断及び目標株価の引き上げが好感されました。

協和発酵キリン(4151)は前日比2%上昇。ディフェンシブが選好される流れのなかで買われました。

下がった株

関電工(1942)は前日比▲5%下落。電気設備工事大手。2016年3月14日にユーロ円建て新株予約権付き社債を発行すると発表したことが嫌気されました。

ジェイテクト(6473)は前日比▲5%下落。自動車部品大手。日系証券会社による投資判断及び目標株価の引き下げが嫌気されました。

三菱倉庫(9301)は前日比▲3%下落。倉庫大手。日系証券会社による目標株価引き下げが嫌気されました。

【2016年3 月15日 投信1編集部】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>ネット証券会社徹底比較:株も投資信託も気になるあなたへ

投信1編集部

投信1編集部は、証券アナリストやファンドマネージャーとして長年の調査経験を持つメンバーで構成されており、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデアをわかりやすくお届けします。