宝くじより正夢に近い!? 東証1部のテンバガー(10倍株)銘柄とは

投資家の醍醐味、10倍株を探すには?

jointstar / Shutterstock.com

宝くじよりも当たりやすい? 「テンバガー」銘柄

「テンバガー(10倍株)」という言葉があります。株価が10倍になる銘柄という意味です。英語で「bag」は野球の「塁」のことで、ホームランを「four-bagger」と呼ぶことに由来するそうです。「two-bagger(二塁打=2倍株)」という使い方もできるようです。

「一生に一度はテンバガーに巡り会いたい」、「テンバガーは投資家の夢であり醍醐味」などと語られます。「宝くじ並み」と言えそうですが、実際に宝くじと比べてみるとどうでしょうか。

続きを読む

2016年12月23日まで、「年末ジャンボ宝くじ (第704回 全国自治宝くじ)」が発売されていました。当せん金は史上最高額、1等前後賞あわせて10億円です。1等(7億円)の当せん確率は2,000万分の1です。

そう聞くと、「テンバガーを当てるほうがまだ楽」と思えてきます。12月22日現在、上場会社数は3,544社(うち外国会社6社)です。

市場別の社数内訳は、第1部・2004(4)、第2部・535(1)、マザーズ・229(0)、JASDAQKスタンダード・717(1)、JASDAQKグロース・43(0)、Tokyo Pro Market・16(0)となっています(カッコ内は、うち外国会社)。東証第1部に限れば、銘柄数は2,000社あまり。無作為に選んでも宝くじよりは当たりそうです。

東証1部上場企業の中にも「テンバガー」銘柄がある

実は、東証1部でも「テンバガー銘柄」はいくつもあります。2011年11月末の終値と16年11月末の終値を比較し、5年間で株価が10倍以上になっている銘柄を探してみました。

たとえば、ネット求人情報の「ディップ(2379)」は35円→2,403円と、テンバガーどころか68倍以上の上昇です。ほかにも、以下のような銘柄があります。

PR

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。