確定拠出年金で戻ってくる税金は投資へ回そう

英国に学ぶ資産形成〜非課税措置はこう違う

前々回前回のコラムに続いてお伝えする英国の企業年金の3つ目の特徴は、投資にかかる税金の還付方法です。

確定拠出年金(DC)の大きな特徴は、資金を拠出するときに税金が還付されることです。この点は最近の個人型DC(iDeCo)の話のなかで強調されていますから、ご存じの方も多いと思います。英国も企業年金はすべて拠出額にかかる所得税が還付されますが、日本と大きく違うのはその還付の方法です。

税金の戻りを「消費」から「投資」に

続きを読む

税率20%の人が企業年金に5,000ポンド(1ポンド=150円で換算して75万円)を積み立てることを考えてみましょう。英国の場合、課税後の手取り4,000ポンド(=60万円)を拠出すると、政府がその手取りに対する税金相当分1,000ポンド(=15万円)をDC口座に振り込みます。これで拠出金額の合計は5,000ポンド(=75万円)になります。

日本の場合には、拠出金を75万円にする場合には、75万円を拠出しなければなりませんが、そのあとで15万円分の税金(20%の税金相当)が還付されますから、実質的には税金が15万円と自分の税引き後資金60万円が拠出されたことになり、日本も英国も同じ制度です。

しかし、75万円の資金を投資するのに、75万円を拠出しなければならない日本と60万円(=4,000ポンド)で済む英国、別な言い方をすると60万円を拠出する場合、日本は60万円だけが資産形成に回りますが、英国は75万円(=5,000ポンド)が資産形成に回ります。これは大きな違いです。

個人にとって英国の場合には、税金の還付を含めれば投資のパフォーマンスが25%上乗せされたともいえるわけです。

日本では、還付される税金は年末調整か、確定申告によって現金で還付されます。企業型DCでマッチング拠出(会社拠出のほかに自分も追加の拠出)をしている人は、拠出分が所得控除されて、その税金が年末調整で戻ってきます。年末調整で手取りが増えると「これは第二のボーナス」と言って年末の飲み代に消える場合が多いのではないでしょうか。

個人事業主の方で個人型DC(iDeCo)を使っている人は確定申告で税金の還付を受けるようになります。こちらも3月くらいに現金が指定する銀行口座に振り込まれてきます。これもうれしいことですが、「投資をした資金の戻りが消費に消えてしまう」のでは意味がありません。やはり「非課税投資の税金の戻りは投資に回す」ことを心掛けるべきです。

日英のDCへの投資に対する非課税措置の比較~75万円(5000ポンド)の拠出

出所:各種資料よりフィデリティ退職・投資教育研究所作成
注:税率20%を想定して計算、為替は1ポンド=150円で計算

<<これまでの記事はこちらから>>

フィデリティ退職・投資教育研究所 所長 野尻 哲史

PR

野尻 哲史
  • 野尻 哲史
  • フィデリティ退職・投資教育研究所
  • 所長

国内外の証券会社調査部を経て、2007年より現職。アンケート調査をもとに個人投資家の資産運用に関するアドバイスや、投資教育に関する行動経済学の観点からの意見を多く発表している。
日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』、『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書)や『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活』(明治書院)などがある。
調査分析などは専用のHP、資産運用NAVIを参照