【株式テクニカル分析】日経平均は18,000円~18,500円台も視界に入る展開へ(2016年4月23日)

4日続伸。約2か月半ぶりに17,500円台を回復

2016年4月22日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比208円87銭高の17,572円49銭と、高値引けとなりました。4日続伸で、2月2日以来、約2か月半ぶりの17,500円台回復です。

先週の動きを振り返ると、17日にカタールの首都ドーハで開かれた主要産油国の会合で、増産凍結が先送りされたことから、原油価格が下落して始まりました。円相場も再び1ドル=107円台後半に上昇しました。このため18日の日経平均株価は、15日に比べ500円以上値下がりしました。

続きを読む

しかし、産油国会合の結果については織り込み済みといった見方も強く、19日には原油価格が戻り、円相場も1ドル=109円台まで下落しました。日経平均株価は18日に下げた分をそのまま戻しました。

20日には17,000円を挟んで若干もみ合う動きも見せましたが。21日、22日で大きく伸びてもみ合いを抜けました。

22日は、後場になって、日本銀行が来週に開かれる会合で、追加の金融緩和を行うのではないかといった報道が流れると、円相場が1ドル=110円台に急落し、銀行株や不動産株などのほか、輸出関連株も広く買われました。

来週の株価について検討してみると、依然として為替相場の影響は大きいものの、17,000円も超えて足元の力強さは感じます。海外の株式市場が大きく上げているにもかかわらず、しばらく日本株の一人負け状態が続いていましたが、ようやく一緒に上がっていく機運が高まっています。

前述したように、27、28日には、日銀の金融政策決定会合が開かれます。実際に追加量的緩和が行われるのか、行われなかった場合、失望売りなどが生じるのか注目です。

米国では26、27日に、米連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれます。政策金利は据え置かれる予定ですが、反対票を投じる委員が出るという報道もあります。

直近の高値を超え、Wボトム完成の力強い動き

今週の動きをテクニカル面から見ると、週の頭の4月18日は、いったん抜けた25日移動平均線を再び下回りました。

目先の節目となる17,000円前後は、過去にもみ合ったところであり、今回も若干調整の動きを見せましたが、直近の高値である3月14日の17,291円を超えると、一段上に伸びました。

チャートの形としては、2月12日の14,865円を大底とするWボトムの完成と見ることもできますし、さらに1月21日の安値(16,017円)も含むと、ヘッドアンドショルダーも完成し、力強さがあります。

18,000円~18,500円台も視界に入る展開へ

今後の展開ですが、まずはWボトムやヘッドアンドショルダーのポイントとなる3月14日の17,291円がサポートラインになるかどうかがポイントになるでしょう。ここでしっかりサポートされるようであれば、上目線が確かになります。

ただ、2月12日の安値(14,865円)と4月8日の安値(15,471円)を結んだトレンドラインを引くと、現状の価格はそのチャネルの上限付近に位置しています。このため、来週の頭には若干の調整もあるかもしれません。

しかし、17,291円のサポートラインや25日移動平均線で跳ね返って、再度上昇に転じる可能性が高いと思われます。その場合の目先の節目としては、2月1日の高値(17,905円)となりますが、過去に大きくもみ合った場所ではなく、一気に抜ける可能性もあります。

そこを抜けると節も複雑ではなく順調な伸びを予感させます。18,000円台、さらには2015年12月15日の18,562円あたりまでが視野に入ってきます。

【2016年4月23日 下原 一晃】

■参考記事■

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

>>ネット証券会社徹底比較:株も投資信託も気になるあなたへ

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。